ディーゼル排気液の市場規模、2027年に450億米ドル到達見込み

ディーゼル排気液(DEF)の市場規模は、2020年の226億米ドルからCAGR10.3%で成長し、2027年には450億米ドルに達すると予測されています。DEFポンプは、IBCでのDEF供給に比べて若干高額になりますが、フリートやその他の車両の所有者にとり便利で需要があります。このため、近年、DEFポンプの設置数が急速に増加しています。DEFポンプの急速な設置は今後も続き、予測期間中にDEF交換の需要をさらに押し上げることが予想されます。

COVID-19のDEF市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、自動車生産台数、自動車の平均走行距離、自動車販売台数が減少し、さらに、閉鎖措置解除後の、サプライチェーン、労働力の確保、政府の予防的ガイドラインに対する課題により、自動車の販売と生産が伸び悩んでいます。このシナリオで、COVID-19パンデミックのDEF市場に与える影響は、中程度と予想されます。また、中国、日本、ドイツ、英国などの主要な自動車生産国ではパンデミックの影響を大きく受けており、2020年の自動車の販売台数や平均走行距離は大幅に減少しました。

牽引要因:自動車の平均車齢と走行距離の増加

DEFアフターマーケットの需要は、自動車の平均車齢、インフラの改善、走行車数、平均走行距離、DEFの交換サイクル、自動車のメンテナンスに対する関心の高まりなどの要因に影響されます。北米では、2005年から2019年にかけて、自動車の平均車齢が10.1年から11.8年に上昇しています。これは、道路インフラや安全性の向上、技術開発によるものです。自動車の平均車齢の上昇により、走行車数は増加しています。さらに、各国で実施されている厳しい排ガス規制などの要因が、世界的にSCRの需要を生み出すと考えられます。これらの要因が、アフターマーケットにおけるDEFの需要にプラスの影響を与えています。

制約:ディーゼル車の普及率の低下

多くの地域で、ディーゼル車の普及率が低下しています。ディーゼル車の需要を制限している主な要因としては、メーカーによるディーゼル技術からのシフトが挙げられます。ディーゼル車は、CO2排出量の目標達成のためのコスト増加などにより、車両価格をさらに上昇させています。ディーゼル車の販売台数の減少は、DEF市場の成長を抑制すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]