ベンゼノイドの市場規模、2025年に8億5700万米ドルに到達予測

ベンゼノイドの市場規模は、2020年の6億5100万米ドルからCAGR5.6%で成長し、2025年には8億5700万米ドルに達すると予測されています。新興国や発展途上国を中心に加工食品の消費量が増加し、フレーバーおよびフレグランスのトレンドの変化や、パーソナルケア製品の成長などの要因により、高品質なベンゼノイド化学品の需要が高まっています。

COVID-19のベンゼノイド化学品市場に与える影響

COVID-19パンデミックが広がる中、市場は石鹸、洗剤、パーソナルケア製品、家庭用品、医薬品、衛生用品などの最終用途分野から安定した需要を受け続けていました。これは、消費者間で衛生面への関心が高まっている事に起因しています。多くのメーカーは、短期間のロックダウン後も事業を維持することで、生産と販売を回復することができました。

牽引要因:変化するフレーバー・フレグランスのトレンド

味や香りに関する嗜好は、マーケティングトレンドや考え方の変化、ライフスタイルのこだわりによる支出の増加に伴い、急速に変化しています。Innova Market Insights社の2018年のレポートによると、米国の消費者の64%が、他文化の新しいフレーバーに興味を抱いており、退屈なフレーバーは再構築され、エスニックフレーバーやストリートフレーバーを強調した小売製品やレストランが増えています。ユニークな香りと魅力的なデザインは、ホームフレグランス市場をこれまでで最も高い地位に押し上げています。長年にわたり、ジャスミンやサンダルウッドが、石鹸などの香りとして好まれてきましたが、現在では、フルーティーでフローラルな香りの組み合わせが、若い消費者に支持されています。

抑制要因:合成化学物質による健康被害が生産量に影響

合成化学物質の安全性を判断する際には、遺伝毒性と発がん性が重要な要素となります。香水やコロンを製造する企業は、フレグランスハウスから香料の混合物を購入し、独自のブレンドを開発します。食品添加物や香料の原料となるベンゼノイドは、一定の濃度になると人の健康に害を及ぼす可能性があるため規制されています。米国FDA(食品医薬品局)、EU委員会、IFRA(国際フレグランス協会)などの組織は、食品やフレグランス製品における化学物質の過剰使用を抑制するために、製造者向けの基準やガイドラインを定めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]