EVバッテリーの市場規模、2025年に672億米ドル達成予測

EVバッテリーの市場規模は、2021年の273億米ドルからCAGR25.3%で成長し、2025年には672億米ドルに達すると予測されています。電気自動車の需要の増加、バッテリー技術の向上、政府の政策や規制の支援、プラグイン式EVの新モデルの発売などが、電気自動車用バッテリー市場を牽引する要因となっています。

従来の自動車が環境に与える影響に対する懸念が高まっていることから、各国政府は代替燃料を使用する自動車の導入を奨励しています。EVはゼロエミッション車であり、各国でクリーンな公共交通機関として普及しています。中には、EVの導入を促進するために、税金の免除やリベート、補助金、EV用駐車場や有料道路の料金の割引、充電の無料化などの財政的なインセンティブを提供している国もあります。世界的にEVバッテリーの需要は急速に高まっています。

COVID-19のEVバッテリー市場への影響

COVID-19の発生により、世界的に新車の生産・販売が停止しましたが、電気自動車への影響は多くありませんでした。2020年に販売されたEVの台数は、2019年に販売されたEVの総数を上回りました。しかし、部品製造にはマイナスの影響があり、小規模なTier II ・ Tier IIIメーカーは供給面での問題に直面しました。

しかし、2020年後半から業界は緩やかな回復を見せ、BEVおよびPHEVの世界出荷台数は前年比43%増となりました。一方、小型車市場の成長率は14%減となりました。EV-Volumesによると、世界のEV市場シェアは、2019年の2.5%から2020年には4.2%に増加しました。2020年に欧州で販売されたプラグインEVは約140万台で、2019年に比べて137%増加しました。欧州での成長の主な要因は、新型車、グリーン復興基金によるインセンティブの後押し、CO2排出量95gの義務化、プラグインEVの強力なプロモーションでした。中国では、2020年後半にNEV販売が回復し、7月から12月までの成長率は前年同期比80%以上となりました。米国のEV販売台数は、テスラModel-Yの発売にもかかわらず、4%増にとどまりました。日本、カナダ、オーストラリアなどでは、EV販売台数の減少が見られました。

牽引要因:主要EVメーカーによる新型プラグインモデルの発売

EV市場は、地域を問わず急激な成長を遂げています。そのため、大手自動車メーカーは、電気自動車の需要の高まりを受けて、電気自動車市場に参入しています。トヨタ、Tata Motors、Mercedes-Benz、Hyundaiなどの大手自動車メーカーは、自動車業界での地位を拡大するために、EVモデルの開発に取り組んでいます。大手自動車メーカーがEV分野に関心を寄せていることから、近い将来、電気自動車の開発が活発化することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]