ドアの市場規模、2025年に1182億米ドル到達予測

ドアの市場規模は、2020年の906億米ドルからCAGR 4.8%で成長し、2025年には1182億米ドルに達すると予測されています。これは、急速な都市化、住宅用・非住宅用需要の活発化、中間所得層の増加、インドや中国などの新興国を中心とした所得水準の向上などによるもので、今後のドア市場を牽引すると予想されています。

COVID-19がドア市場に与える影響

ドア市場は、2020年から2021年にかけて、住宅用および非住宅用に使用される木材、スチール、金属、プラスチック、複合材の需要が大幅に減少するため、成長率は緩やかに低下すると予想されます。これは、COVID-19パンデミックの発生により、住宅用・非住宅用部門の需要が減少していることに影響を受けています。新築やアフターマーケットもパンデミックの影響を受けています。建設事業は当初完全に閉鎖されていましたが、第3四半期にはCOVID-19対策を施した上で、事業の操業が許可されました。労働力の確保、原材料の供給と価格が、解禁後の最大の課題となっています。パンデミックの鉄鋼・その他金属部門への悪影響により、ドア市場の成長は鈍化すると予想されます。

牽引要因:建設業界の成長

世界経済の緩やかな改善と、2007年から2011年にかけての経済減速後の建設業界の回復が、ドア市場の成長を支えています。同市場は、今後5年間、緩やかなペースで成長すると予想されます。オックスフォード・エコノミクスによると、建設産業は、世界のGDPの約10分の1を占めており、2030年には8兆米ドルに達すると予想されています。

抑制要因:環境に優しいドアの高額な投資・設置コスト

ドア市場は、技術や用途に応じて様々な変化や進歩を遂げてきました。環境に優しいドアの製造に使用される材料は、従来のドアに比べて比較的高価です。例えば、米国グリーンビルディング協会が開発したLEED(Leadership in Energy & Environmental Design)は、省エネ、二酸化炭素排出量の削減、暖房の低減、室内環境の改善を検証し対処する、建築物認証システムです。エネルギー効率の高い例としては、二重または三重のパネルガラスを使用したパティオドアがあり、冷暖房におけるエネルギーの損失を軽減します。また、熱線遮断フレームは、熱や冷気の移動による損失を防ぐバリアとして機能します。このような規格が導入されると、エネルギー効率の高いドアの需要が高まり、その結果、設置やメンテナンスのコストが増加します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]