航空機シート作動システムの市場規模、2025年に7億6300万米ドル到達予測

航空機シート作動システムの市場規模は、2020年の4億9600万米ドルからCAGR9.0%で成長し、2025年には7億6300万米ドルに達すると予測されています。この市場は、プレミアムエコノミーシートの需要増加や、既存航空機のメンテナンス・レトロフィットなど、さまざまな要因によって牽引されています。

COVID-19の航空機シート作動システム市場への影響

航空機シート作動システム市場には、主要プレイヤーであるAstronics Corporation(米国)、ITT Inc. (米国)、Crane Co. (米国)、Collins Aerospace(米国)、Bühler Motor GmbH(ドイツ)などがあります。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。COVID-19が2020年に航空機シート作動システムの生産やサービスに与える影響は7%から10%と予測されました。

COVID-19パンデミックは最終用途産業に悪影響を及ぼし、その結果、2020年の航空機の受注・納入が急激に落ち込むことになりました。これは短期的に航空機市場にマイナスの影響を与えましたが、2021年第1四半期にはゆっくりとした回復が予想されます。

牽引要因:航空機シート作動システムの技術的進歩

航空機シート作動システムの分野における技術の進歩は、軽量化、電動制御モーション、自己調整機能を備えた技術開発につながっています。以前の同システムは、リクライニングの角度が制限され動きがぎこちなく、カスタマイズの選択肢が少ないなど、限られた機能しか備えていませんでした。現在、Crane(米国)などの航空機シート作動システムのメーカーは、シート調整機能を統合した洗練された作動システムを提供しています。

抑制要因:新興国における収益性の高い航空会社の不足

米国をはじめとする先進国では、2008年以降、大手航空会社の経営統合により、航空機のシート作動システム市場が独占されるようになりました。対して、成長の可能性を秘めている新興国の航空業界は、その潜在力があまり活用されていません。適切なインフラが整備されていないインドやアフリカなどの国では、各国の航空局が課す追加の税金などにより、航空運賃の価格が上昇しています。国際航空運送協会(IATA)によると、アジア太平洋地域の航空会社は、2020年に317億米ドル、2021年に75億米ドルの純損失を計上する見込みです。同様に、2020年のアフリカとラテンアメリカの航空会社は、それぞれ20億米ドルと50億米ドルの損失が予測されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]