PETフォームの市場規模、2025年に4億4800万米ドル到達見込み

PETフォームの市場規模は、2020年の3億1600万米ドルからCAGR 7.2%で成長し、2025年には4億4800万米ドルに達すると予測されています。これは、主にアジア太平洋地域の経済成長に起因することが考えられます。中国、インド、日本、オーストラリアの風力発電、海洋、包装などの最終用途産業からのPETフォームの需要拡大が、アジア太平洋地域のPETフォーム市場の成長を牽引しています。

COVID-19のPETフォーム市場への影響

COVID-19パンデミックは、PETフォーム市場のバリューチェーンを停滞させ、2020年の市場に悪影響を与えました。風力エネルギー産業は、渡航禁止、サプライチェーンの分断、メンテナンスの延期などにより導入に影響が出ており、2020年のPETフォームやその他のコア材の需要が減少しています。国際エネルギー機関(IEA)が2020年11月に提供したデータによると、ロックダウン、安全規制、移動手段の制限により、サプライチェーンが混乱し、陸上風力発電と太陽光発電の建設を中心に、再生可能エネルギー設備の設置が一時的に遅れています。このことで、風力エネルギー用途のPETフォームの成長に影響を与えました。

牽引要因:風力エネルギー分野の成長

風力エネルギーは、エネルギーミックスを多様化し、化石燃料の価格変動のようなマクロ経済的な懸念から経済を守るために、様々な政府やエネルギープランナーによる取り組みにより、競争力のある産業になりつつあります。風力エネルギーは、発電のための実行可能な選択肢であり、費用対効果の高い資源として活用することができます。世界の多くの政府機関は、有害な温室効果ガス(GHG)の排出を削減し、再生可能な資源の使用を増やすためにエネルギーシステムの再構築に対策を講じています。PETフォームは、風力エネルギー産業で広く使用されており、同産業の成長がPETフォームの成長を促進すると考えられます。

阻害要因:代替品との競争の激化

フォーム市場には、ポリ塩化ビニル(PVC)、スチレン・アクリロニトリル(SAN)、ポリメタクリルイミド(PMI)、ポリエーテルイミド(PEI)など、さまざまなコアフォームがあります。これらのフォームは、加工や成形が容易で、強度対重量比にも優れております。そして、風力発電、航空宇宙・防衛、海洋、輸送などの最終用途で使用されています。これらのフォームは、PETフォームの潜在的な代替品と考えることができます。そのため、多数の代替品の存在は、市場成長の抑制要因と考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]