RFIDの市場規模、2026年に174億米ドル到達予測

RFIDの市場規模は、2021年の107億米ドルからCAGR10.2%で成長し、2026年には174億米ドルに達すると予測されています。これは、市場競争の激化による費用対効果の高いRFIDソリューションの提供、高い投資収益率、様々な産業に対する規制や政府の取り組み、COVID-19影響下でのRFIDシステムの導入増加などに起因しています。

COVID-19のRFID市場への影響

RFID市場には、Avery Dennison社、Zebra Technologies社、Honeywell社、NXP Semiconductors社、Impinj社、HID Global社、GAO RFID社、Identiv社、Invengo社、Nedap社などの主要企業が含まれます。これらの企業は、アジア太平洋地域、欧州、米国、その他の国々に設計・製造施設やオフィスを有しています。これらの企業が提供するRFIDソリューションは、多くの業界で様々な用途に使用されています。COVID-19は、多くのRFID企業の経営に影響を与えただけでなく、そのパートナーや流通業者のビジネスにも影響を与えました。閉鎖措置による高額な小売製品の需要の落ち込みは、サプライチェーンの混乱とともに、RFID市場の成長を鈍化させました。また、世界的な自動車需要の減少は、自動車用RFID市場に中期的な影響を与えると予想されます。

牽引要因:COVID-19の影響による製造現場でのRFIDシステム導入

製造施設では、機器の状態や性能、プロセスの欠陥、システムの故障などを監視し、専用ツールを導入して品質管理をするため、機器やシステムの予知保全を行う必要があります。RFID技術を工場の資産管理に活用することで、この目標を達成することができます。RFIDタグとセンサーソリューションの組み合わせは、コンベア、カメラ、ボイラー、タンク、パイプなど、製造施設の様々な場所で、製造プロセスの品質と出力を管理・維持するための理想的なソリューションです。RFIDタグは、工具、製造装置、最終製品の一部であるプロセス部品(自動車のドア、エンジン、ホイール、ミラーなど)などの業界内の可動資産に取り付けられ、プロセス内で追跡されます。RFIDソリューションの使用は、部品の追跡だけでなく、製造機器のライフサイクルの把握にも役立ちます。これらのソリューションの普及率の増加は、RFID市場の成長とともに世界的に増加すると予測されています。

抑制要因:高額な、導入・設置・メンテナンスコスト

RFIDシステムの導入コストは、標準的なアクティブリアルタイムモニタリングシステムの場合、200万米ドルから500万米ドルとなります。このコストは、最終用途産業や設置地域によって異なります。高額な設置費用は、RFID技術の導入を阻む大きな要因の一つです。RFIDシステムの採用は、すべての業界で、RFIDタグ、リーダー、ソフトウェアの購入費用、交換サービスや電気代など、高額な投資が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]