マイクロサーバーICの市場規模、2026年に22億米ドル達成予測

マイクロサーバーICの市場規模は、2021年の12億米ドルからCAGR 12.6%で成長し、2026年には22億米ドルに達すると予測されています。これは、マイクロサーバーの低消費電力化と省スペース化、クラウドコンピューティングやウェブホスティングの増加、ハイパースケールデータセンターアーキテクチャの登場などに起因しています。

マイクロサーバーICの市場プレイヤー

マイクロサーバーIC市場には、Intel Corporation (米国)、 Advanced Micro Devices, Inc. (米国) 、Hewlett Packard Enterprise Development LP (米国) 、Quanta Computer Inc. (台湾) 、 NVIDIA Corporation (米国)などの主要なTier IおよびTier IIプレーヤーが含まれています。

牽引要因:マイクロサーバーの低消費電力と低スペース

マイクロサーバーの消費電力とスペース使用量は、従来のハイエンドサーバに比べて少なくて済みます。マイクロサーバーでは、通常、市販のパーソナルコンピュータに使用されている低消費電力のICが使用されています。消費電力が低いということは、ランニングコストが安いということであり、1ドルあたりの計算作業が増える事になります。マイクロサーバーの低消費電力とスペース利用の利点により、企業は従来のサーバソリューションよりも少ない消費電力で、より多くのコンピューティングパワーを設置することができます。これは、電気代の削減に役立つため、データセンターの運用コストを大幅に削減することができます。

抑制要因:マイクロサーバーはアプリケーションごとのサーバー追加が必要

マイクロサーバーは、アプリケーションに特化したスケールアウトアーキテクチャを提供します。そのため、ウェブホスティングなど、あらかじめ定義されたワークロード環境に最適です。容量を増やすためには、ユーザーはノードと関連ソフトウェアを増やして、過剰なワークロードの処理に対応できるようにする必要があります。このシステムのアップグレードが必須であることが、従来型サーバーと比較してマイクロサーバー市場の抑制要因となっています。しかし、メーカーによる技術の進歩で、数年後には、この課題が克服される可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]