屋内農業技術の市場規模、2026年に248億米ドルに到達予測

屋内農業技術の市場規模は、2020年の145億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2026年には248億米ドルに達すると予測されています。穀物や食料の需要増に対応するために、精密農業や都市農業など高収量の農業技術が求められています。今後も、屋内農業は、高まる食料の安全保障面での懸念に対する解決策として注目されます。

COVID-19が屋内農業技術市場に与える影響

Covid-19パンデミックが広がる中、多くの人が屋外の食べ物に対して疑問を持つようになりました。健康と食の安全が重要視されるようになり、世界中の人々が家庭料理や自作・手作りの食事を好むようになっています。これにより、食品やホテル業界は危機に瀕しています。壊滅的なCovid-19パンデミック後に、都市型屋内農業システムの導入が急激に増加すると予想されています。農業界は、パンデミック拡大の初期段階で課題に直面しました。農場での労働力が大幅に不足し、一部農家では季節作物の収穫の機会を逃し、農産物の価格下落や物流の混乱が発生しました。また、多くの国では、食料品の輸入依存の高さに気づき、国内での生産を重視するようになりました。

牽引要因:限られた土地面積での、高収量への需要

屋内農業の主な利点の一つは、従来の農法に比べて収穫量が多いことです。屋内農業で使用される閉鎖された施設は、農家にとって最適な栽培条件を作り出し、限られた土地面積の中で、種から収穫までの作物をより短い時間で育て、各サイクルで高い収量を得ることができます。米国農務省のデータによると、2016年、温室での水耕栽培によるトマトの平均収穫量は1平方フィートあたり10.59ポンド、伝統的な栽培方法によるトマトの平均収穫量は1平方フィートあたり1.85ポンドでした。したがって、屋内農業では、高く層を重ねて栽培面積を増やすことで、全体の作物収穫量を増やすことができます。

室内栽培のスペースの問題は、限られたスペースでの栽培に適した作物の存在により解決できます。例えば、垂直農法では、土地を利用する必要性が100分の1に減らす事ができます。また、水の浪費も従来の農業に比べて少なくなります。屋内農業では水を循環させて再利用するため、屋内農業と比較して、同じ作物を栽培するのに必要な水の量が平均95%少なくて済みます。縦型ハウスで植物や作物を栽培すると、蒸散プロセスが発生するため、水を再利用することが可能になります。水の浪費を最小限に抑えることで、資源保護にも役立ちます。

制約:高い初期投資

屋内農業設備の初期費用は、従来の農業に必要な投資に比べて高額です。主な原因は、都市部の土地のコストの高さにあります。さらに、垂直農法でも温室でも、運営コストに占めるエネルギーの割合が高くなります。例えば、垂直農法では1日16時間、温室では冬場の1日9時間、植物に光を当てる必要があります。屋内農業に使用する装置や機器には、農家は高い初期投資を求められます。これが屋内農業技術市場の大きな阻害要因の一つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]