自然言語処理(NLP)の市場規模、2026年に351億米ドル到達見込み

自然言語処理(NLP)の市場規模は、2020年の116億米ドルからCAGR20.3%で成長し、2026年には351億米ドルに達すると予測されています。クラウドベースのNLPソリューションへの需要が高まり、全体的なコストが削減され、より優れたスケーラビリティを実現していることや、スマートデバイスの使用が増加していることが、NLPの市場成長を促進しています。また、顧客体験の向上を目的としたNLPベースのアプリケーションが各分野で採用されていることや、ヘルスケア分野への投資が増加していることも、NLPベンダーにビジネスチャンスをもたらすと考えられます。

COVID-19がNLP市場に与える影響

2020年のNLP市場は、世界的なロックダウンにより減速が予想されました。COVID-19パンデミックにより解約率が上昇し、ほぼすべての業種が影響を受けています。閉鎖措置は、世界中の製造業やサプライチェーン・物流におよび、製造業、運輸・物流業、小売・消費財業のオペレーションの継続に多大な影響を与えています。生産ライン、サプライチェーン、輸送に従事する人手が不足しているため、必須アイテムの入手に影響が出ています。一方で、顧客体験の向上や見込み客との関係構築に対する需要から、NLPソリューションおよびサービスの需要が増加すると予想されています。ミッションクリティカルなプロセスへの対応、オペレーションの改善、顧客の視聴体験の差別化など、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを実現するために、多様なNLPソリューションおよびサービスの導入を計画している業種もあります。運用コストの削減、顧客体験の向上、顧客離脱率の改善、プロセスや業務の可視化、リアルタイムの意思決定は、NLPの導入を促進するビジネス上の優先事項です。

牽引要因:スマートデバイスの使用増加

IoTと通信技術の進歩により、様々なデバイス間の通信を設定することが可能になりました。このような概念は、スマートホーム環境やコネクテッドカーを促進するために成長してきたものです。技術の進歩とデジタルトランスフォーメーションは、産業界の業務や顧客とのコミュニケーションの方法を変えました。NLPは、ユーザーとシステムや機械の間のインタラクションを促進する上で非常に有益であることが証明されています。スマートデバイスは、携帯電話、工場に設置された産業用デバイス、家庭や建物の環境を操作するデバイスなどがあります。NLPベースのアプリケーションを用いた音声ソリューションインターフェースへの需要が高まっていることで、ユーザーは、即座に問い合わせを管理できる口頭でのコマンド機能など、より高度な機能を利用できるようになりました。 スマートホームは、サーモスタット、照明、セキュリティ・モニタリング機器、空調機器など、数多くのスマートデバイスで構成されています。消費者は、このようなスマートデバイスのコマンドとして音声モードを好みます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]