がん治療情報システムの市場規模、2025年に95億米ドル到達見込み

がん治療情報システムの市場規模は、2020年の67億米ドルからCAGRは7.4%で成長し、2025年には95億米ドルに達すると予測されています。がん治療情報システムにおけるブロックチェーン技術の利用は、医療エコシステムの重要なトレンドであり、その結果、紙ベースの記録や治療計画が不要となり、市場の成長を支える重要な要因となっています。

COVID-19のがん治療情報システムへの影響

COVID-19パンデミックの結果、2020年3月中旬から2020年第2四半期中は、病院がCOVID-19に主眼を置くようになったため、オンコロジー情報システムを販売・導入する顧客へのアクセスが減少しました。この事で、がん治療情報ソリューションに対する需要が大幅に減少しました。パンデミックにより、医師がCOVID-19患者の治療に再配置され通常の患者に十分に集中できないことから、腫瘍学の分野にも影響を与えています。そのため、病院のスタッフや手術設備が足りず、がんの手術や治療を行う上での課題となっています。がん治療情報システム市場は、2020年の第4四半期までに損失を回復することが期待されていました。

牽引要因:がん治療情報システムの需要を牽引する政府の施策

世界各国の政府は、医療システムの変革を支援する、がん治療情報システムなどの情報技術を支援するために、改革や規制を導入しています。例えば、米国では、米国再生・再投資法(ARRA)に基づいて制定された経済・臨床保健のための医療情報技術(HITECH)法により、HER(電子健康記録)の有意義な使用を実証した病院や医師にインセンティブを与え、資金が割り当てられています。癌治療のための先進的なヘルスケアITソリューションは、より良い治療結果が期待できるため、エンドユーザー間で大きな関心を集めています。

抑制要因:がん治療情報システムの高額なコスト

がん治療情報システムの医療機器はかなり高額になります。一般的に新興国では、医療機器を対象としたITソリューションの予算承認が難しいため、手頃な価格での導入が必須になります。小規模な医療機関では、医療機器のインターネット接続の導入に苦労しています。その主な理由は、複数のネットワークを実装することが困難であること、無線接続のオプションがないこと、データ漏洩を避けるためにセキュリティレイヤーを設置する必要があることなどです。さらに、がん治療情報システムを導入し、異なるインターフェースの機器と関連付けるためのインフラコストが、新興地域における市場成長の大きな障害となっています。統合ソリューションの導入およびサブスクリプション・ライセンス料は財政負担となり、多くの病院が直面している予算上の問題につながります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]