軍用組込みシステムの市場規模、2025年に21億米ドル到達予測

軍用組込みシステムの市場規模は、2020年の14億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2025年には21億米ドルに達すると予測されています。集積回路やプロセッサ技術の改良により、組み込みシステムに関連するハードウェアコストが低下しています。最新のブレードサーバの採用は、ネットワーク中心の軍事用途で拡大しています。軍用電子機器は、ここ数年の間に飛躍的な進歩を遂げています。軍事用途に使用される電子機器やシステムに求められる主な要件には、高い信頼性、効率性、コンパクトなサイズなどがあります。これらの要求に応えるため、市場関係者は技術的に高度な組み込みシステムの開発に多大な努力を払っています。

COVID-19の軍事用組込みシステム市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の経済に多大な影響を与えており、軍用組み込みシステム、サブシステム、およびコンポーネントの製造にも影響を与えています。サプライチェーンの混乱により、軍用組み込みシステムの製造が滞っています。製造および需要の回復は、その国が直面しているCOVID-19の感染レベル、製造業の操業レベル、および輸出入規制などに左右されます。

牽引要因:ネットワークコンバージェンスの技術的進歩

組み込みシステムの技術的進歩により、複数の異なるシステムからのデータを1本のケーブルで伝送することが可能になりました。航空宇宙や軍事などの業界では、これらのシステム用のイーサネットは、音声、ビデオ、さまざまなセンサーやアプリケーションからのデータなど、さまざまなデータを伝送することができます。統合されたネットワークは、複数の単一目的のケーブルに取って代わり、SWaP(サイズ、重量、電力)の大幅な向上と、プラットフォームへの機能を追加する際の柔軟性を向上させます。2018年、Curtiss-Wright Corporationは、最新世代のOpenVPX GbEスイッチモジュールを導入し、セキュアな組み込み型コンバージドネットワークを実現しました。

抑制要因:組込み製品開発の複雑化

技術の進歩に伴い、組み込みシステムのサイズは大幅に縮小し、軍事用途の様々なポータブルプラットフォームに収めることができるようになりました。そのサイズは、サポートするアプリケーションの数に反比例しています。このような組込みシステムの開発には、様々なスキルセットを持つ熟練した開発者を必要とします。また、防衛やアビオニクスなどの安全性やセキュリティを重視したアプリケーションを扱う組込みシステムでは、コードの品質が重要になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]