ディスプレイの市場規模、2026年に1771億米ドル到達予測

ディスプレイの市場規模は、2021年の1484億米ドルからCAGRは3.6%で成長し、2026年には1771億米ドルに達すると予測されています。様々な用途でのOLEDディスプレイの採用急増、ビデオウォール、テレビ、デジタルサイネージ用途でのLEDディスプレイの使用増加、インタラクティブディスプレイの需要増加、COVID-19パンデミックによる人工呼吸器や人工呼吸器を含むディスプレイベースの医療機器の需要増加などが、ディスプレイ市場の主な推進要因となっています。

牽引要因:ビデオウォール、テレビ、デジタルサイネージのLEDディスプレイの使用増加

LEDディスプレイは、様々なアプリケーションで最も使用されているディスプレイ技術の一つです。他の技術と比較して、より大きな市場規模を占めています。近年、LEDディスプレイ業界は成熟してきましたが、イノベーションという点では成熟していません。LEDディスプレイの進歩の一つは、スクリーンの構築に必要な部品の小型化です。これにより、LEDスクリーンは超薄型かつ巨大になり、屋内外を問わずあらゆる場所に設置できるようになりました。解像度の向上、高輝度化、製品の多様化、表面硬化型LEDやマイクロLEDの開発など、技術の進歩もあって、LEDの用途は広がっています。LEDディスプレイは、広告用などのデジタルサイネージやデジタルビルボードにも広く使われており、ブランドを目立たせるのに役立っています。LEDディスプレイは顧客体験を向上させるためにも広く利用されています。この分野のリーダーとしては、サムスン電子(韓国)とソニー(日本)が挙げられ、次いでLGコーポレーション(韓国)とNEC(日本)が挙げられます。

抑制要因:オンライン広告への移行による小売業ディスプレイの減少

デジタル広告は、より洗練され、パーソナライズされ、関連性が高くなっています。消費者がオンラインで過ごす時間は以前よりも長くなり、デジタル広告はマルチデバイス、マルチチャネルの消費者にリーチする理想的な方法を提供しています。このように、オンライン広告は近年人気を集めています。このような要因により、これまで店頭や商業施設で宣伝に使われていたディスプレイの需要が大幅に減少しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]