術中照射治療の市場規模、2025年に6600万米ドル到達予測

術中照射治療の世界市場は、2020年の4800万米ドルからCAGR6.4%で成長し、2025年には6600万米ドルに達すると予測されています。癌の発生率の上昇、技術の進歩、従来の放射線治療に対するIORTの利点などが、術中照射治療市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、がんに対するIORTの使用の臨床試験の増加は、市場関係者に有利な成長機会を提供すると期待されています。

COVID-19の術中照射治療市場への影響

術中照射治療市場は、COVID-19パンデミックにより大きな影響を受けました。病院やがん治療センターでは、様々なスクリーニング、診断、手術の制限、延期を受け、がんの診断や治療に混乱が生じました。また、パンデミックは医療資源の確保にも影響を与えました。CDC、WHO、MHRA、TGA、EMAなどの世界の主要な規制当局は、がん患者が健康な成人よりもコロナウイルス疾患に感染するリスクが高いと指摘しています。規制当局からは、患者やスタッフの負担を軽減しつつ被ばくのリスクを低減する代替線量分割レジメンが提案されました。

牽引要因:世界的な癌の罹患率の増加

IORTは、ターゲットを絞った放射線照射、限られた治療時間、高い精度での放射線制御、正常組織への放射線被曝の最小化など、様々な利点があります。特に乳がんの場合は、乳房を温存する治療法(ランペクトミー)を選択することができるため、その効果は絶大です。癌の罹患率の増加は、IORT手術の導入を促進し、中でも、乳がんの有病率の増加は、市場成長の主な要因となっています。

抑制要因:訓練を受けた人材の不足

腫瘍の成長を最大限抑え込み、正常組織へのリスクを最小限に抑えるためには、プロセスのあらゆる段階で高い精度が求められます。また、治療計画、照射、監視などのシステム間の相互接続の問題は、手順上のエラーが発生する可能性があり、患者のリスクを高めることになります。このようにIORTには複雑な問題があり、がん治療に広く採用されるための課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]