食品固化防止剤の市場規模、2025年に10億7400万米ドル到達予測

食品固化防止剤の市場規模は、2020年の8億2200万米ドルからCAGR 5.5%で成長し、2025年には10億7400万米ドルに達すると予測されています。食品固化防止剤市場は、幅広い用途での使用、食品への多様な機能性の必要性、製造工程における食品の安全性と衛生への関心、より高い品質と保存性を備えた食品への要求などが原動力となっています。

COVID-19の食品固化防止剤への影響

食品固化防止剤市場は、COVID-19の影響後は、安定して成長すると推定されます。また、同市場の規制環境も滞りなく整えられると予測されます。食品固化防止剤は、エンドユーザーにより、受容できる範囲内で採用されると考えられます。COVID-19の影響後は、貿易・輸出入に若干の制限が残り、市場の成長をある程度妨げる可能性があります。しかし、食品固化防止剤市場に有利な規制の枠組み、消費者の幅広い受け入れ、有利な貿易政策、市場への新規参入者、高額な投資、代替品との競争の少なさ、原材料のコスト面などが、将来的に食品固化防止剤の需要を押し上げると予想されます。

牽引要因:食品原料の消費量の増加

ベーキングパウダー、ミルク・クリームパウダー、ケーキミックス、インスタントスープパウダーなどの食品素材は、流動性や食感を重視する特性や、長期保存のためにも、食品固化防止剤の利用が増えると予想されます。つまり、吸湿性のある食品成分の採用は、食品固化防止剤の消費量の増加に直接影響を与えます。

抑制要因:政府による規制

食品医薬品規制では、食品固化防止剤の使用に関して、規制機関が提案するレベルを超えた量の使用を禁止しています。また、食品固化防止剤はGMP(Good Manufacturing Practice)の対象であり、製造・加工時に食品に添加される量は、必要とされる量を超えてはならないと規定されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]