水素生成の市場規模、2025年に2010億米ドル到達予測

水素生成の市場規模は、2020年の1300億米ドルからCAGR9.2%で成長し、2025年には2010億米ドルに達すると予測されています。燃料電池による発電用途の増加が、市場の成長を促進しています。

COVID-19の水素生成市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界の主要地域における水素生成市場にマイナスの影響を与えました。それには、中国、米国、英国、イタリアなどの主要経済国が含まれます。COVID-19パンデミックにより、住宅の電力使用量は増加したものの、電力需要全体は大幅に減少しました。世界各国の政府は、コロナウイルスの脅威に備えるため、事業活動を縮小せざるを得ませんでした。この事業活動の縮小は、短期的に住宅用エネルギー管理ソリューションにマイナスの影響を与えました。

牽引要因:温室効果ガス排出に関する政府規制

化石燃料の消費や工業化などにより、温室効果ガスの排出量は世界的に増加しています。二酸化炭素(CO2)、一酸化二窒素、メタンなどの温室効果ガスの排出は、地球温暖化の原因となっています。米国、EU、ロシア、中国の4カ国で世界全体の排出量の65%を占めており、さらに、米国だけで25%を占めています。

抑制要因:水素エネルギー貯蔵の高額な資本コスト

水素の貯蔵方法には、高圧タンクに入れて圧縮ガスとして貯蔵する方法、マイナス253℃の液体として貯蔵する方法、化学物質や金属化合物と反応・吸着させて化学的に貯蔵する方法があります。電気は、電気分解法を用いて水素として貯蔵することができます。この過程を必要とする技術の生産性は、他の蓄電技術に比べて高いとは言えませんが、その貯蔵能力から水素エネルギー貯蔵への関心が急速に高まっています。

一方、水素エネルギー貯蔵は、化石燃料よりも高額になります。エネルギー輸送体としての液体水素は、気体水素よりも密度が高く、複雑な機械プラントを必要とする液化を伴うため、全体的なコストが高くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]