ゲノミクスの市場規模、2025年に544億米ドル到達予測

ゲノミクスの市場規模は、2020年の227億米ドルからCAGR19.0%で成長し、2025年には544億米ドルに達すると予測されています。これは、ゲノミクスプロジェクトを支援する政府資金の増加、がんの発生率の増加とがん研究におけるNGS応用の増加、ゲノミクス市場への新規プレイヤーや新興企業の参入、ゲノミクスの応用分野の拡大などによるものです。

牽引要因:ゲノミクスプロジェクトを支援する政府資金の増加

近年、各国政府がゲノミクス分野に多額の投資を行っています。このような政府の投資は、新技術の開発に大きな役割を果たしています。

市場機会:専門・個別化医療におけるゲノミクスの活用

個別化医療市場の成長は、ゲノミクス市場で活躍するプレイヤーに様々な市場機会を提供しています。様々な製薬会社が個別化医療の研究に投資するようになっています。個別化医療とは、医療従事者が患者のニーズを正確に把握し、それに合わせて薬や治療法を処方するものです。このアプローチから、より良い治療結果が保証されます。さらに、遺伝子治療の分野では、医師が患者の細胞に遺伝子を移植して疾患を治療することで、従来の薬や手術に代わる可能性があると期待されています。

個別化医療による治療は、コスト削減、患者のコンプライアンス、医薬品の安全性、疾患の早期発見、治療法の最適化などのメリットがあるため、その利用が増加しています。DNAおよび遺伝子マイクロアレイ技術の登場は、個別化医療の分野に革命をもたらし、一度の実験でヒトゲノムの全遺伝子の発現を把握することが可能になりました。

課題:訓練を受けた専門家の不足

ゲノミクスデータは、薬理ゲノミクス、診断、トキシコゲノミクスなど、さまざまな用途に利用することができます。しかし、ゲノミクス研究で生成される膨大なデータを解析することは簡単ではありません。技術の進歩により解析が可能となったケースでも、その解釈は読み手に依存しています。ゲノミクスの分野では専門性の高い知識が必要なため、ゲノムシーケンスデータの結果を分析・解釈するための訓練を受けた専門家が必要になります。この専門家が不足しているため、多くのエンドユーザーがゲノムデータの解析において大きな課題に直面しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]