クーラーボックスの市場規模、2025年に81億米ドル到達予測

クーラーボックスの市場規模は、2020年の46億米ドルからCAGR12.1%で成長し、2025年には81億米ドルに達すると予測されています。製薬業界の成長、COVID-19ワクチンの接種活動、加工済みおよび生鮮の果物、野菜、乳製品、その他の輸送用クーラーボックス業界の技術的進歩などが、クーラーボックス市場の成長に寄与しています。

COVID-19のクーラーボックス市場への影響

2020年12月、B Medical Systems社(ルクセンブルグ)は、インドのGujarat州に新しい製造工場を設立することを発表しました。この施設は、インドにおけるワクチンのコールドチェーン製品の需要の増加に対応すると予測されています。これにより、COVID-19ワクチンの提供に必要な重要なコールドチェーンの強化が期待されています。2020年11月、Coldchain Technologies Inc.はテネシー州レバノン(米国)に新施設を開設し、COVID-19ワクチンの一般市民への配送という前例のない需要に対応するため、再利用可能なパッシブサーマルボックスと単回使用のパッシブサーマルボックスの生産を拡大しました。2020年10月、Va-Q-Tec AGはTempChainのサービスネットワークをスコットランドと米国で拡大しました。このネットワークの拡大により、VA-Q-TECのコンテナやボックスのレンタルフリートのグローバルな可用性がさらに最適化されることが期待されます。

牽引要因:食品ロスや潜在的な健康被害を防ぐための温度管理の必要性の高まり

食品業界では、フードセキュリティ、食品の安全性、経済的・環境的な持続可能性、そして食品廃棄物の最小化が重要な課題となっています。食品のロスや廃棄は様々な理由で発生します。例えば、生鮮食品は輸送中や取り扱い中に温度の変化にさらされることが多く、その結果、腐敗や廃棄が発生します。このような問題を解決するために、クーラーボックスなどの熱管理されたパッケージソリューションの需要が世界的に高まっています。

抑制要因:厳しい環境規則

包装材の廃棄による環境への影響が深刻化し、各国政府は確固たる政策を採用するようになりました。例えば、インド政府は2020年6月26日にプラスチック廃棄物管理規範を更新しました。また、商品の包装、保管、輸送に焦点を当てた国際安全輸送協会(ISTA)の規格で義務付けられている温度範囲を維持する包装システムの能力を検証するための標準試験も行われています。また、欧州委員会の包装に関する指令では、各国政府が包装材の廃棄抑制のための新たな方法を模索していることから、リサイクルに関する厳しい目標が課せられるようになりました。このように、環境問題への意識の高まりや廃棄物の適切な処理は、この市場の成長を抑制する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]