5G IIoTの市場規模、2020年からCAGR79.1%で成長し2026年に157億米ドル到達予測

5G IIoTの市場規模は、2020年の5億米ドルからCAGR79.1%で成長し、2026年には157億米ドルに達すると予測されています。これは、製造業において、IoTデバイスの採用によるデータトラフィックの増加、高信頼性・低遅延ネットワークへの需要の増加、M2M接続数の増加と、さらに重要機器の予防保全ニーズの高まりなどに起因しています。

COVID-19パンデミックは、企業、産業界、政府など、あらゆる部門のビジネスに大きな混乱をもたらしました。しかし、最近では、世界中でロックダウンが緩和されはじめ、様々な業種の企業が業務を再開しています。この影響で、製造業は事業の継続性を確保するためにリモートワーク設備の導入を余儀なくされています。広範囲の地域でのリモートワークは、より高い接続性とパフォーマンスの向上が求められ、5Gなど高速ネットワークを必要としています。さらに、企業は事業運営を最適化するために、予測分析に基づくプロセスへの切り替えを始めています。5G IIoTソリューションでアナリティクスプロセスを強化するため、企業は生産ラインの品質チェックとしきい値を検証し、最高の結果を得ようとしています。5Gは、その高性能、低遅延、信頼性の高さにより、IoT対応の資産への接続性を向上させることができます。近い将来、リアルタイムの資産データは、接続された機器の実用性を導き出し、生産性を向上させ、コストを圧縮し、インテリジェントな環境を可能にするためにますます利用されるようになります。

マネージドサービスセグメントは高いCAGRで成長

マネージドサービスセグメントの成長は、厳格なサービスレベルアグリーメント(SLA)を満たす一方で、監視とセキュリティ要件の増加、規制遵守の改善、生産性の向上、データの整合性の向上によって推進されると予想されています。製造業では、製品、プロセス、人、インフラストラクチャの4つの要素を管理するために、5G IIoTソリューションを導入しています。また、高度なセンサー、制御システム、およびソフトウェア・アプリケーションが連携して、完成品が生産ラインを通過する際にリアルタイムの情報を取得して共有します。マネージド・サービス・プロバイダ(MSP)は、すべてのビジネス機能と地域の人々を結びつけ、インテリジェント設計、オペレーション、メンテナンスに関連する情報や、質の高いサービスと安全性を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]