前立腺肥大症治療の市場規模、2026年に141億米ドル到達予測

前立腺肥大症治療の市場規模は、2021年の108億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2026年には141億米ドルに達すると予測されています。APAC(アジア太平洋地域)では、高齢者や対象となる患者が多いこと、医療インフラの整備が進んでいることから、市場成長の可能性が予測されています。

Covid -19による前立腺肥大症治療市場への影響

COVID-19の発生により、BPH治療の市場は多大な影響を受けると予想されます。パンデミックの状況下で、病院は膨大なリソースを必要とするため、病院システムへの負担が軽減されるまで、良性疾患の選択的手術の延期が推奨されていました。このため、TURP、HoLEP、ThuLEP、PVPなどの手術が延期されました。COVID-19による混乱のピーク時には、250万件近くの泌尿器科の良性手術がキャンセルされたと考えられます。

牽引要因:前立腺肥大症の有病率の増加

BPHとは、悪性ではない前立腺組織が増殖した状態を指し、男性の下部尿路症状の原因としてよく知られています。BPHは、男性の加齢に伴う正常な現象と考えられており、関連性の高いテストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)の産生は男性ホルモンに依存しています。60 歳までに約 50%、85 歳までに約 90%の男性が病理組織学的な BPH を示すと言われており、世界的には、約 3000 万人、米国では約 1400 万人の男性が BPH の症状を持っていると言われています。BPHは加齢の過程で男性に現れる代表的な疾患であるため、高齢化社会、特に老年期の男性層の増加は、BPH罹患率の主要な牽引要因になります。

抑制要因:BPH治療薬に伴う副作用

BPH治療には薬と手術による方法がありますが、どちらも重大な副作用を伴います。BPH治療によく使われる薬には、α-ブロッカー、5-ARI(5-α還元酵素阻害薬)、その他の薬剤があります。α-ブロッカーの一般的な副作用には、めまい、起立性低血圧、逆行性射精、鼻炎などがあります。めまいや起立性低血圧は、転倒やそれに伴う怪我などの重大な病的状態を引き起こす可能性があるため、高齢者には注意が必要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]