セミトレーラーの市場規模、2025年に412億米ドル到達予測

セミトレーラーの市場規模は、2020年の295億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2025年には412億米ドルに達すると予測されています。道路輸送は、多くの地域で内陸部への接続性が高く、他の輸送手段に比べてコスト面で優位性があるため、商品の輸送手段として広く利用されています。製造業の増加、都市化、効率的な輸送の必要性、地方の道路網の拡大などが、セミトレーラー市場の成長を促進する主な要因となっています。

予測期間中、北米が金額ベースで最大のセミトレーラー市場になると予測されています。この地域では、大規模なトラック運送業と安定した成長を続ける小売業が市場の成長を促進しています。アジア太平洋地域は、セミトレーラー市場において最も速いCAGRで成長すると予想されています。 アジア太平洋地域の成長を牽引するのは、中国とインドです。これらの国は、世界で最も急速に成長している経済大国であり、大規模な物流・サプライチェーンネットワークを構成しています。

COVID-19がセミトレーラー市場に与えた影響

COVID-19はセミトレーラー市場に大きな影響を与えています。エコシステム全体が混乱したため、新しいセミトレーラーの生産と販売の両方が世界各国で停止しました。OEMメーカーは、生産再開のためにロックダウンが解除されるまで待たなければならず、ビジネスに影響を与えました。パンデミック後は、経済が着実に回復しているため、新型セミトレーラーの需要は増加すると予想されます。しかし、一部の国ではCOVID-19の再流行が回復の妨げになる可能性があります。そのため、セミトレーラーメーカーは各国のCOVID-19シナリオに基づいて生産量を調整する必要があります。また、部品の製造も停止しており、小規模なTier2、Tier3メーカーは資金繰りの問題に直面しています。このように、パンデミック発生時の生産停止とパンデミック後の需要減少は、セミトレーラーを提供する企業にこれまでにないマイナスの影響を与える可能性があります。

牽引要因:コールドチェーン産業の拡大

国連食糧農業機関(FAO)によると、発展途上国で生産される食品の最大40%が、温度管理された輸送手段がないために、市場に届く前に無駄になっているといいます。これは必然的に、食料生産に使われる多くの資源が無駄に使われていることを意味します。しかし、コールドチェーンの拡大により、食品の無駄を約15%から20%削減できるという調査結果が出ています。中産階級の経済的強化により、果物、乳製品、野菜、魚、鶏肉、生花、医薬品など、さまざまなコールドチェーン商品の需要が高まっています。さらに、新興市場における可処分所得の増加により、消費者は最高品質のオーガニック製品や生鮮品により多くのお金を費やすことができるようになりました。可処分所得の増加と、新鮮でより健康的な製品を求める社会の動き、そしてクイックサービスレストラン(QSR)の増加が相まって、コールドチェーン業界のあらゆる側面に影響を与えています。小売業者は、川上のパートナーからのコールドチェーン製品に対する需要の高まりを期待しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]