作物保護用化学品の市場規模、2025年に741億米ドル到達見込み

作物保護用化学品の市場規模は、2020年の637億米ドルからCAGR 3.1%で成長し、2025年には741億米ドルに達すると予測されています。これは、人口増加に伴う食糧確保の必要性により牽引されています。

COVID-19の作物保護化学物質への影響

COVID-19による作物保護化学物質への影響は、低から中程度になると言われています。異なる国や大陸をまたいで農薬を輸送するためのサプライチェーンや流通経路に混乱が生じています。生産量にも若干の影響が出ており、アジア太平洋地域と欧州では最大20%の生産減となっています。

牽引要因:人口増加に伴う食の安全に対するニーズの高まり

国際食糧政策研究所が7月13日に発表した2020 State of Food Security and Nutrition in the World(SOFI)によると、2019年に世界で飢餓に陥った人は約6億9000万人で、2018年より1000万人増加しています。COVID-19パンデミックにより2020年にはさらに8300万から1億3200万人が慢性的な飢餓に陥る可能性があります。

この傾向が続けば、2030年までに8億4140万人が飢餓状態に陥ると予測しています。この憂慮すべき結果は、世界で30億の人々が良質な栄養を摂取する手段やアクセスを欠いている事を示しています。このフードシステムを変革するためには、政策立案者は需要と供給の両方に目を向け、フードサプライチェーンの効率性を高め、栄養価の高い食品の生産に補助金を出す必要があります。同時に、社会的セーフティネットを拡大し、行動の変化を促す政策をとることで、より健康的な食生活を促進することができます。

人口が継続的に増加する一方で、増大する食糧需要を満たすための耕作可能な土地が限られており、人々の食糧安全保障は脅かされています。将来の食糧需要を満たすためには、世界中で食糧生産を増やす必要があります。このような状況下で、作物保護製品の使用は避けられず、市場の成長を後押ししています。

抑制要因:農薬の残留問題

農薬は、その難分解性、毒性、生物蓄積性、親油性、人の健康への悪影響などの理由から、残留問題が懸念されています。これらの農薬は、汚染された果物や野菜を摂取することで人体に入ります。残留農薬に関連する主な健康への影響には、がん、先天性欠損症、神経障害、内分泌かく乱物質、生殖への影響などがあります。農薬の影響は、農薬の暴露期間と毒性によって決まります。引き起こされる影響には、急性のものと慢性のものがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]