エッジAIソフトウェアの市場規模、2026年に18億3500万米ドル到達予測

エッジAIソフトウェアの市場規模は、2020年の5億9000万米ドルからCAGR20.8%で成長し、2026年には18億3500万米ドルに達すると予測されています。クラウド上での企業のワークロードの増加や、インテリジェントなアプリケーションの急増などのさまざまな要因が、エッジAIソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19がエッジAIソフトウェア市場に与える影響

COVID-19パンデミックの継続的な対応が迫られる中、あらゆる産業がその影響を受けています。このリスクを軽減するために、世界中の組織が、リモートワーク機能、リモートでの資産維持・監視、プラントオートメーション、遠隔医療などの対策を講じています。ヘルスケア業界では、COVID-19の影響に対抗するためのエッジAIソフトウェアの可能性に企業が気づき始めたことで、ポジティブな影響が見られました。これにより、バリューチェーン全体でビジネスを安全かつセキュアに保つための資金調達や研究が活発化しています。パンデミック中に市場成長は鈍化したものの、パンデミック後は垂直市場全体で採用が高まり立ち直ることが予想されます。世界中の企業は、通常の事業活動を継続するために必須であるデジタルインフラを採用しています。医療、公共、教育などの分野では、これまでにない速さでデジタル化が進められています。クラウド企業やエッジ企業の中には、COVID-19の影響を軽減するために、最前線の労働者に無料で計算サービスを提供している企業も存在します。

牽引要因:インテリジェントなアプリケーション数の急速な増加

AIは、さまざまな分野で多数のアプリケーションが登場することで、著しい成長を遂げています。これらのアプリケーションは、リアルタイムなデータの取り込み、処理を実現するため、大規模なコンピューティングパワーを必要とします。クラウドテクノロジー上で動作するAIアプリケーションは、レイテンシーの問題に直面し、迅速な対応が困難になります。エッジAIソフトウェアは、コンピューティングリソースをネットワークのエッジに配置することで、アプリケーションを低レイテンシーかつ高帯域で機能させることができます。

抑制要因:プライバシーとセキュリティへの懸念

エッジAIソリューションに関連する重要な懸念事項は、エッジノードが相互に作用し、リアルタイムのデータを共有することによる、セキュリティ部分です。ルーター、基地局、スイッチなどのデバイスに対するセキュリティ侵害、攻撃、分散型サービス拒否(DDoS)の増加は、エッジAIソリューションの採用を制限しています。また、エッジAIソリューションの場合、データはエッジノードのマイクロデータセンターに保存されるため、サイバー攻撃に対して脆弱です。エッジAIソリューションは、分散型ネットワークを形成する結果、マルウェアやその他のセキュリティ攻撃のリスクが高まります。これらの要因を考慮すると、ソリューションベンダーは、データのセキュリティとプライバシーを最重要視しなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]