ガスセンサーの市場規模、2026年に15億米ドル到達予測

ガスセンサーの市場規模は、2021年の11億米ドルからCAGR 7.0%で成長し、2026年には15億米ドルに達すると予測されています。これは、重要産業におけるガスセンサーの高い需要、世界的な健康・安全規制の策定と実施、HVACシステムや大気質モニターへのガスセンサー統合の増加、大気汚染レベルの上昇とスマートシティにおける大気質モニターの必要性、COVID-19パンデミック時のヘルスケア産業におけるガスセンサーの需要増加などの要因に牽引されています。ガスセンサーによるIoT、クラウドコンピューティング、ビッグデータの展開、家電製品へのガスセンサーの導入の増加、小型化されたワイヤレスガスセンサーの需要の増加により、COVID-19流行の中、効率的な産業活動のためのガスセンサーの高い需要が生まれています。

牽引要因:重要産業におけるガスセンサーの高い需要

石油・ガス、化学、鉱業、電力などの重要産業では、可燃性ガスや有毒ガスの存在を検知・監視するためにガスセンサーが使用されています。これらの重要産業では、一酸化炭素、二酸化炭素、アンモニア、硫化水素、炭化水素などの多くのガスが大気中に放出されます。これらのガスが大気中に過剰に放出されると、人間の健康に悪影響を及ぼします。さらに、メタン、プロパン、ブタンなどの爆発性ガスがこれらの重要な産業から放出される可能性があり、それによって火災事故が発生する可能性もあります。有害ガスから生態系を守るために、多くの規制機関が様々な対策を講じています。そのため、これらのガスを検知・監視し、大気中に放出されるガスの量を抑えるための措置が必要となっています。

抑制要因:平均販売価格の低下をもたらす価格圧力

自動車、HVACシステム、大気質モニタリングシステム、家庭用電化製品などへの普及に伴い、ガスセンサーの出荷数は増加しています。一方、価格低下により売上の伸びが大きく抑制されています。平均販売価格(ASP)の低下は、消費者にとっては有益ですが、サプライヤーにとっては利益率の縮小につながります。このような、激しい価格圧力はASPの低下をもたらし、競争の激しいガス市場での収益成長を阻害しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]