外科用画像の市場規模、2025年に24億米ドル到達予測

外科用画像の市場規模は、2020年の18億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2025年には24億米ドルに達すると予測されています。これは、イメージインテンシファイアに対するFPDの優位性、技術の進歩、アナログX線撮影システムの償還削減、低侵襲手術の需要増加などにより牽引されています。しかし、システムのコストが高いことが、市場の成長を抑制すると推測されます。

COVID-19が外科用画像市場に与える影響

COVID-19の発生は、これまでにない規模で多くの人々の生活やビジネスを根底から覆しました。このパンデミックは、外科用画像診断市場にマイナスの影響を与え、世界中の医療システムに大きな負担をかけています。パンデミックの期間中、医療機関やプロバイダーは、感染拡大を遅らせ、COVID-19患者のために医療資源を節約するため、選択的な外科手術や診察を中止するよう指示されています。米国病院協会によると、2020年3月1日から6月30日までの間の選択的手術のキャンセルによる損失は、1ヶ月あたり平均507億米ドルに上ると推定しています。

COVID-19のパンデミックにより、ほとんどの病院は、継続的な資本設備の購入を延期しています。一部の地域でCOVID-19が再発することを考えると、2020年第3四半期および第4四半期にも同様のシステム導入・利用の減少が予想されます。その後、同市場の需要は2022年初頭にはCOVID以前のレベルに達すると考えられます。一方、経済的圧力が高まると、顧客は完全な購入ではなくリースまたは代替の資金調達の取り決めを求め、外科用画像システムメーカーの収益は先延ばしになる可能性があります。

牽引要因:イメージインテンシファイアに対するFPDの優位性

従来のX線イメージインテンシファイアからデジタルフラットパネルディテクタ(FPD)へのCアームの進化は、外科用画像診断に大きな進歩をもたらしました。FPDは、イメージインテンシファイアに比べて、小型化や被曝量の低減など多くのメリットがあります。解像度は機種によって異なりますが、FPDはより安定した高品質のデジタル画像を生成する能力を持っています。

抑制要因:手術用イメージングシステムの高価格

モバイルCアームは高度な機能を備えているため、一般的に20万米ドル以上の高額商品となっています。高度なモバイルCアームは、強力な発電機(最大20kW)を備えており、高密度の解剖学的構造にも対応できます。これらのモバイルCアームに搭載されている大型画像ディスプレイは、画像の正確な評価を可能にすると同時に、外科医による遠隔の画像分析を可能にします。高額な購入費用に加えて、プリンターやDICOMボックスなどの直接的な費用がかかるため、総所有コストが増加します。多額の設備投資が必要となるため、多くの中小規模の施設ではこれらの機器を購入することが困難です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]