主要10種のセンサーの市場規模、2026年に1011億米ドル到達予想

主要10種のセンサーの市場規模は、2021年の727億米ドルからCAGR6.8%で成長し、2026年には1011億米ドルに達すると予想されています。エンドユーザー産業では、家庭用電化製品、自動車、ヘルスケアが主要な市場となっています。同市場の成長は、家電製品におけるスマートデバイスの需要が高まっていること、これらの産業における計測・制御デバイスの重要性が増していること、セキュリティや監視への関心が高まっていることなどにより促進されています。

COVID-19による主要10種のセンサー市場への影響

自動車・輸送機関は、産業用センサー市場の主要な最終用途産業である。COVID-19のパンデミックにより、米国、中国、日本、韓国など多くの国が自動車の生産を停止しています。2020年第1四半期のスマートフォン・家庭用電化製品分野は、中国国内の施設の生産停止により、携帯電話やその主要部品の製造が停止し、新機種の発売スケジュールに支障をきたしました。政府によるロックダウン指令により、世界的にスマートフォン・家庭用電化製品分野における需要が大きく減少しました。2020年の世界のスマートフォン出荷台数は、2019年の13億9000万台から13.1%減の12億台に減少するとみられます。

牽引要因:MEMS技術を用いたセンサーの進化

Microelectromechanical system(MEM)は、超小型の電気機械デバイスを開発するために使用される技術です。この技術をベースにしたセンサーは、外部を検知・測定し、その変化を補うために機械的に応答します。自動車産業や航空産業の著しい発展に伴い、MEMS技術を用いたセンサーの需要は急増しています。これらのセンサーは、バイオメディカルアプリケーション、制御システム、消費者製品、環境を監視する気象予報システムなどに使用されています。また、MEMS技術を応用したセンサーとアナログデジタルコンバータ(ADC)を組み合わせた血液計測システムは、従来の血液計測システムに比べて製造コストが低く抑えられます。また、スマートピルと呼ばれる錠剤にMEMS技術を応用したセンサーを組み込み、胃や腸内の液体の流量を監視するシステムも開発されています。ヘルスケアや自動車の分野では、一般的に小型で高性能なセンサーが求められるため、MEMS技術を用いたセンサーの採用が進んでいます。これらのセンサーは、パネルの裏側に簡単に取り付けることができ、ローカルまたはリモートのモニタリングステーションにデータを送信することができるため、効果的であることが証明されています。さらに、IoTプラットフォームやリモート接続の大規模な導入により、MEMS技術を用いたセンサーの需要が大幅に増加し、センサー市場のグローバルな成長に貢献することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]