3Dプリント用高性能プラスチックの市場規模、2025年に2億200万米ドル到達予測

3Dプリント用高性能プラスチックの市場規模は、2020年の7200万米ドルからCAGR22.9%で成長し、2025年には2億200万米ドルに達すると予測されています。これは、バイオベースグレードの需要の増加や、機能的な部品の製造においてこれらの材料の浸透が進んでいることが、市場の成長を促進すると考えられます。しかし、工場の操業停止、サプライチェーンの中断、エンドユース産業からの需要の減少は、3Dプリント用高性能プラスチック市場にマイナスの影響を与えています。

COVID-19が3Dプリント用高機能プラスチック市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、2021年の3Dプリント用高性能プラスチック市場は、比較的緩やかに成長すると予測されます。このパンデミックは、全世界、特に北米と欧州に悪影響を及ぼしています。さらなる拡大を防ぐために、企業は事業所や製造施設を閉鎖しており、生産能力が低下しています。また、自動車、航空宇宙などの最終用途でも生産活動を停止しています。フォルクスワーゲン、BMW、フォードなどの自動車メーカーは、パンデミックが世界経済に与えた影響により、市場シェアが低下しています。このパンデミックは、米国、フランス、中国などの主要な航空宇宙市場に多大な影響を与え、航空宇宙・防衛産業の激減につながっています。その結果として、3Dプリント用高機能プラスチック市場の成長が抑制されています。

牽引要因:3Dプリント高機能プラスチック技術に対する政府の取り組み

3Dプリントは、作業時間とコストを削減し、商品の大量生産を可能にするため、世界中のさまざまな産業で使用されています。各国政府は、さまざまな産業での3Dプリント高機能プラスチックの採用を支援する取り組みを行っています。償還政策や資金提供などの政府の取り組みと、技術進歩のための中小企業や大企業のさまざまなM&Aが相まって、3Dプリント高機能プラスチック市場の成長を後押ししています。

抑制要因:3Dプリントプラスチック製品の廃棄に関する環境問題

プラスチック材料の廃棄に関する環境への懸念が世界的に高まっていることが、3Dプリント高機能プラスチック市場の成長を抑制すると予想されます。大部分が石油由来の材料である3Dプリント用プラスチックは、環境汚染を防ぐために適切に廃棄される必要があります。3Dプリント技術でHPP 3Dプリント材料を使用すると、今後世界中のさまざまな環境機関から規制上の課題を突きつけられることが予想されます。このため、大手ポリマーメーカーは、生物分解可能で環境に優しいバイオベースの3Dプリント製品を開発するための研究開発活動を行っています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]