5Gセキュリティの市場規模、2026年に52億2600万米ドル到達予測

5Gセキュリティの市場規模は、2020年の5億8000万米ドルからCAGR44.3%で成長し、2026年には52億2600万米ドルに達すると予測されています。同市場は、5Gネットワークにおけるセキュリティへの懸念の高まり、IoTデバイスへのランサムウェア攻撃の増加、重要インフラへの攻撃の増加、IoT接続の増加により、セキュリティ要件が強化されたmMTCへの道が開かれたことにより牽引されています。

COVID-19による5Gセキュリティ市場への影響

パンデミックの影響で、ほとんどの地域でグリーンフィールド展開の数が減少しました。多くの企業は、インフラ関連の活動を、次の四半期に延期しています。COVID-19の期間中、ヨーロッパの通信事業者は、いくつかの国で5Gネットワ​​ークが利用可能になることを発表しました。5G Observatoryのデータによると、2020年9月末までに18カ国で5Gの商用サービスが利用可能になっています。これらの国には、英国、スウェーデン、スペイン、スロベニア、ルーマニア、ポーランド、オランダ、ラトビア、イタリア、アイルランド、ハンガリー、ドイツ、フィンランド、デンマーク、チェコ共和国、ブルガリア、ベルギー、オーストリアが含まれます。

牽引要因:5Gネットワークにおけるセキュリティへの懸念

CIOは、サービスプロバイダーだけでなく、企業にとっても大きな損失につながるネットワークに大きな懸念を抱いています。新しいネットワークインフラは、SDN、NFV、クラウド・ネイティブ・アーキテクチャの助けを借りて設計されています。ネットワーク機能は、アンダーラインのインフラから分離され、ローカル、リージョナル、セントラルのデータセンターにまたがって配置されます。クラウドベースの5Gネットワークでは、ほとんどのネットワーク機能がパブリックおよびプライベートクラウドのインフラ上に展開されます。5Gネットワークは、自動車、医療、工場、IoTデバイスなどの垂直産業ネットワークや、既存のレガシーネットワーク(2G、3G、4G)、インターネットサービスネットワークに接続されます。それにより、5Gネットワークを中心とした複雑なヘテロジニアスネットワークからなるネットワーク接続構造が形成されます。これらのネットワークが複雑になることで、セキュリティ要件や適用されるセキュリティ技術のレベルが異なるネットワークやデバイスから生じる連携の弱さが懸念されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]