栄養補助食品の市場規模、2026年に2047億米ドル到達予測

栄養補助食品の市場規模は、2020年の1362億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2026年には2047億米ドルに達すると予測されています。同市場は、消費者の嗜好の変化、健康意識の高まり、高齢者人口の増加、健康的な食生活の採用などによってますます拡大しています。業界の主要なトレンドが融合することで、主要プレーヤーに新たな機会がもたらされています。ライフスタイルや食生活の変化は、栄養補助食品の需要を促進する主な要因の一つです。また、スポーツ栄養に対する興味が高まっていることも、栄養補助食品市場にプラスの影響を与えています。

牽引要因:高齢化が市場の成長を牽引

地域を問わず消費者の健康志向は高まっており、栄養補助食品市場の成長を促進しています。また、日本、イタリア、ポルトガル、ドイツなどの国では人口の高齢化が進んでおり、さらに市場全体を牽引すると予測されています。一部の国では高齢化が進んでいることから、健康全般をサポートするために栄養価の高い、年齢に応じた食品を開発することが求められています。骨の健康や運動能力への関心が高まるにつれ、消費者は健康的な加齢や疾病予防に対する意識を高めています。そのため、高齢化する消費者の栄養ニーズに対応した栄養補助食品の需要が高まっています。

抑制要因:栄養補助食品の高コスト

科学技術の進歩により、体重管理や健康管理に役立つ食品が次々と開発されています。しかし、栄養補助食品は非常に高価であり、市場の成長を阻害する要因となっています。ダイエタリーサプリメントは、研究やカスタマイズにも高いコストがかかります。これらのサプリメントは経済性が低いため、南アフリカやインドなど高コストに対応が難しい国では、栄養補助食品市場の成長が制限される可能性があります。アジア諸国では、栄養に特化したサプリメントの増加傾向に、市場は適応できていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]