エンジン管理システムの市場規模、2025年に632億米ドル到達予測

エンジン管理システム(EMS)の市場規模は、2020年の588億米ドルからCAGR1.5%で成長し、2025年には632億米ドルに達すると予測されています。エンジンマネジメントシステムの需要には、自動車生産台数の増加と、厳しい排出ガス規制が実施されていることが背景にあります。

COVID-19の影響で、多くの国で2ヶ月以上に及ぶ完全なロックダウンが行われ、自動車生産に影響を与えています。世界各地の製造拠点が閉鎖されたことで、自動車の販売台数が減少し、世界規模で生産にマイナスの影響が出ています。一部のOEMメーカーは生産を再開していますが、2020年にはエンジン管理システム市場が大きく落ち込む可能性があります。

牽引要因:厳格な排出ガス規制と燃費規制

世界的な温室効果ガスの増加と従来型燃料の枯渇により、各国の立法機関は排出ガス規制と燃費規制の導入を余儀なくされています。自動車の排出ガスは、環境中の大気汚染の原因となっています。米国環境保護庁によると、同国内の一酸化炭素排出量の56%、都市部では最大95%が自動車の排出ガスが占めています。世界各国の政府は、燃料の排出量や燃費に関する厳しい基準を設けており、OEMはこれらの基準を満たすことを義務付けられています。このため、OEMメーカーは改良された効率的なエンジン管理システムの開発に取り組んできました。EMSは、適切な燃焼が行われるように燃料噴射を制御することで、エンジン機能を監視します。これにより、燃料の摂取量が減り、排出ガスが減少します。主要なOEMメーカーは、自動車が最小限の燃料摂取と排気ガスで走行できるように、高度なエンジン管理システムの研究開発に取り組んでいます。消費者は、環境に優しく、燃料消費量の少ない自動車を購入する傾向にあるため、エンジン管理システムの需要は世界的に高まっています。

抑制要因:ディーゼル乗用車の販売台数の減少

公害の増加は、世界的にディーゼル車の販売台数を減少させる主な要因となっています。大気汚染への懸念や税制の変更により、ディーゼル車の販売が大きく落ち込んでいます。また、ディーゼル車の販売台数の減少により、代替燃料車の需要が高まっています。排出ガスへの懸念と環境意識の高まりにより、BEVおよびFCEVの販売が増加しています。この成長は、今後数年間でさらに増加すると予想されます。電気自動車はエンジン管理システムを必要としないため、電気自動車の販売台数の増加は同市場に直接影響を与えます。電気自動車の販売台数が増加していることが、今後数年間の市場の成長を妨げる要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]