住宅エネルギー管理の市場規模、2025年に41億米ドル到達予測

住宅エネルギー管理の市場規模は、2020年の22億米ドルからCAGR12.9%で成長し、2025年には41億米ドルに達すると予測されています。住宅用建物に対する政府の取り組みと電力消費量の増加が、住宅エネルギー管理市場を牽引しています。

COVID-19の住宅エネルギー管理市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界の電力業界に影響を与えています。各国でロックダウンが実施され、世界各国のデバイス製造施設で、サービスの停止が余儀なくされています。電力需要は大幅に減少しましたが、一方、住宅での電力使用は増加しています。コロナウイルスの脅威を最小限に抑えるために、各国政府がビジネス活動を縮小させたことで、住宅エネルギー管理ソリューションにマイナスの影響を与えています。

牽引要因:住宅部門におけるエネルギー消費量の増加

住宅部門のエネルギー消費量には、暖房、冷房、照明、給湯、消費財など、家庭で消費されるすべてのエネルギーが含まれます。International Energy Outlook 2016によると、2040年の世界の配送エネルギー消費量のうち、約13%を住宅部門が占めています。住宅部門のエネルギー消費量は、2012年から2040年まで平均1.4%/年で増加し、全期間で合計48%増加することが予測されています。

抑制要因:住宅エネルギー管理システムの導入に伴う初期コストの高さ

住宅エネルギー管理システムの導入は、初期段階では資本集約的です。インフラの変革には、地方自治体や国の政府の役割が不可欠です。この技術は、顧客とスマートグリッド間の伝送ネットワークを構築するために、初期に莫大な投資を必要とします。さらに、効果的な展開のためには、慣習的な組織の境界を越えた強力な調整、大幅なプロセス変更、厳格な統治が必要です。また、導入後の運用・保守コストの高さも、電力会社にとっては大きな課題になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]