大麻の市場規模、2026年に904億米ドル到達予測

大麻の市場規模は、2020年の205億米ドルからCAGR28.0%で成長し、2026年には904億米ドルに達すると予測されています。様々な地域で大麻の合法化が進んでいることにより、市場の成長は促進されています。この成長は、同時に、大麻の健康効果に対する消費者の認識の高まり、医療用途の拡大にも起因しています。医療および娯楽目的での大麻の合法化が進んでいることから、北米地域が世界市場の大半を占めています。

推進要因:大麻の合法化の増加と社会的認知度の上昇

大麻の合法化は、しばしば二重の見方をされます。合法化が証明されても、乱用の可能性に関連した懐疑的な見方もあります。大麻が合法化されたことで、人々は安全に大麻を使用することができるようになり、大麻の薬としての効果も実感できるようになりました。その結果、世界の国々で大麻の使用が徐々に合法化されてきています。娯楽目的での大麻の使用が合法化されている国は少数ですが、使用や販売に対するアプローチは年々緩和されてきています。このため、さまざまな地域で大麻の使用が盛んになり、大麻市場全体の成長を促しています。 

抑制要因:大麻使用に関する複雑な規制構造

市場の成長を阻害する主な要因の1つは、大麻の使用に関する複雑な規制構造です。大麻や大麻を使用した製品を提供する企業は、世界的に異なる規制ガイドラインを遵守する必要があります。各国の大麻の生産と販売に関連する厳格な規制規範は、メーカーや関係者にとって遵守が困難な場合があります。また、大麻の使用に関する規制は国によって異なるため、世界市場の成長をさらに妨げる要因となっています。

市場機会:アジア太平洋地域での大麻合法化

北米、欧州、南米のほとんどの国が大麻を合法化していることから、アジア太平洋地域における大麻の初期化と合法化には大きな市場機会があります。産業用大麻の主要市場の一つである中国は、今後期待される市場の一つと予想されます。大麻業界で活動する多くの主要プレーヤーは、大麻の巨大な市場機会を期待して、アジア太平洋地域の法制化を待っています。アジア太平洋地域から、低コストで高い生産能力を持つ大麻生産国が現れる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]