触媒処理サービスの市場規模、2025年に6億2000万米ドル到達見込み

触媒処理サービスの市場規模は、2020年の5億1000万米ドルからCAGR4.0%で成長し、2025年には6億2000万米ドルに達すると予測されています。触媒処理サービスの需要は、産業活動の活発化に伴い増加しています。また、石油化学製品の消費量が増加していることも市場を牽引しています。さらに、中国、インド、韓国、オーストラリア、ブラジル、アルゼンチンなどの国々で産業基盤が拡大していることも、市場の成長を後押ししています。

COVID-19による触媒処理サービス市場への影響

触媒処理サービスは、石油精製、化学・肥料、石油化学、その他の重工業処理産業などの最終用途産業で使用されています。現在進行中のパンデミックにより、工業生産は世界中で深刻な影響を受けています。労働力の不足、物流の制限、材料の入手不可能などの制約が、産業の成長を大幅に遅らせています。また、パンデミックにより、世界の石油需要が減少しました。COVID-19がすべての産業に与える影響は、パンデミックが続く限り続くと考えられます。投資の損失、資金不足、労働力不足、サプライチェーンの制約、世界経済全体の不確実性などの要因が、産業界に深刻な影響を与えています。

牽引要因:石油化学産業の高成長シナリオ

石油化学製品は、現代社会の不可欠な要素となっています。石油化学製品は、プラスチック、包装材、衣類、デジタル機器、医療機器、洗剤、肥料、タイヤなどの製造に使用されています。また、ソーラーパネル、風力タービンブレード、バッテリー、建物の断熱材、電気自動車の部品など、現代のエネルギーシステムを構成するさまざまな要素の製造に石油化学製品が使用されていることも、需要にプラスの影響を与えていると考えられます。

抑制要因:電気自動車の需要増加

バッテリー式電気自動車(BEV)市場は急速に成長しています。地球温暖化や大気汚染に対する懸念の高まりや、大気汚染削減のための連邦政府や州政府の支援などにより、電気自動車の需要が増加しています。これらの自動車の利用は拡大しており、2025年には自動車生産台数全体の中でかなりの割合を占めるようになると予想されます。このようなBEVの需要拡大は、ガソリンやディーゼルなどの燃料の消費に影響を与え、触媒処理サービス市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]