パートナーリレーションシップマネジメント(PRM)の市場規模、2026年に19億9700万米ドル到達見込み

パートナーリレーションシップマネジメント(PRM)の市場規模は、2020年の9億2000万米ドルからCAGR13.8%で成長し、2026年には19億9700万米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促進する主な要因は、組織と外部パートナーチャネルの関係をコントロールする必要性、パートナーとのコミュニケーションの強化やチャネル管理コストの削減に焦点を当てていることなどです。しかし、データセキュリティとプライバシーの観点から、市場の成長が制限されることが予想されます。PRMソリューションプロバイダーにとって有利な市場機会として、チャネルパフォーマンス向上のためのビジネスインテリジェンス(BI)採用や、パートナーエンゲージメントを最適化するためのAIのPRMへの組み込みなどがあります。

COVID-19のPRM市場への影響

COVID-19パンデミックはPRM市場にマイナスの影響を与えています。企業はPRMソリューションを利用して、ビジネス機能とチャネルパートナー間のアジリティを高めています。PRMソリューションは主に、顧客サービス機能の自動化や、販促資金管理、受注管理、保証、返品処理などに関する手動処理コストの削減に役立ちます。また、オンラインの問い合わせやセルフトレーニングプログラムを通じ、想定外のコストを削減し、セルフサービス取引を促進することができます。PRMソリューションをクラウドまたはオンプレミスで展開することで、企業はパートナー管理の一貫性と信頼性を維持することができます。

牽引要因:企業と外部パートナーチャネルとの関係の管理

競争の激化する市場で、企業は自社のサービスを差別化することが難しくなっています。目まぐるしい変化は、それをさらに困難なものにしています。生産、販売、路線変更は年々増加しています。このような状況の中で、企業は急速な成長を遂げるために、販売パートナーとの提携を進めています。販売パートナーは、企業が新たな領域に進出することを可能にします。

抑制要因:データセキュリティとプライバシー

PRMソリューションは、ビジネスクリティカルなデータや顧客データなど、さまざまなデータを保持します。プライバシーの問題は、PRM を実行不可能にする可能性があります。携帯電話会社は、顧客データのセキュリティが損なわれると、顧客を失うことになり、その事を恐れています。また、一般データ保護規則(GDPR)などにより、PRM 市場はデータプライバシーに関する責任を負うことになります。企業は、データの共有やアクセスに関しては敏感です。そのため、PRMソリューションやサービスプロバイダーは、最高レベルのプライバシーとセキュリティを維持する必要があります。サイバーセキュリティは、ビジネスを円滑に進める上で最も重要な要素の一つです。最近では、データ漏洩やサイバー攻撃の件数が大幅に増加しています。サイバー攻撃は、2016年から2017年にかけて600%の割合で増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]