歯科印象システムの市場規模、2025年に19億米ドル到達予測

歯科印象システムの市場規模は、2020年の13億米ドルからCAGR7.7%で成長し、2025年には19億米ドルに達すると予測されています。歯科印象システム市場の成長は、歯科疾患の発生率の上昇、審美歯科の需要の増加などによってもたらされます。また、新興国でのデンタルツーリズムの増加や、デジタルデンティストリー導入の増加が、歯科印象システム市場の需要拡大を牽引すると考えられます。

Covid-19の歯科用印象システム市場への影響

COVID-19のパンデミックにより、大量の患者が日常的に医療機関を訪れるようになりました。2020年12月の時点で、アフリカ、アジア太平洋、米国、欧州、オセアニア全域で6380万人のCOVID-19の感染者が報告されています。このウイルスによる死亡者数は約150万人にのぼります。COVID-19パンデミックに伴い、欧州全域、米国、インド、オーストラリアなど、ほとんどの国でロックダウンが行われています。これにより、歯科用印象材やスキャナーのサプライチェーンにも影響が出ました。COVID-19の発生後、歯科医院を訪れる患者数が減少しました。一方、この状況は予測期間中に回復し、歯科用印象材の需要はCOVID以前の状況に戻ると予想されています。

牽引要因:審美歯科の需要増加

審美歯科は、歯科業界で最も急成長している分野の一つです。可処分所得の増加や、高齢化社会において、高額な美容整形手術への需要が高まっています。虫歯、欠損、埋伏歯(DMFT)の指数が比較的高い、インド、中国、ブラジルなどの発展途上国では、所得水準が上昇していることから、歯科用印象システムの需要が高まると予想されます。審美歯科への関心の高まりと可処分所得の増加は、今後数年間の歯科用印象システム市場の成長を後押しすると考えられます。

抑制要因:歯科治療費の高額化と保険償還の制限

北米や欧州の先進国では、ほとんどの保険会社がインプラントやクリアアライナーを美容目的とみなしているため、これらの製品や治療は最小限の保険金対象、もしくは保険対象外とみなされる場合があります。そのため、これらの歯科治療にかかる費用の多くは、保険によるサポートがほとんどなく、患者が負担する必要があります。このことが、先進国や発展途上国における高額治療の導入を妨げる大きな要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]