テクニカルテキスタイルの市場規模、2025年に2224億米ドル到達予測

テクニカルテキスタイルの市場規模は、2020年の1646億米ドルからCAGR 6.2%で成長し、 2025年には2224億米ドルに達すると予測されています。テクニカルテキスタイルは、従来の繊維製品と比較してより高性能な製品です。製造に使用される素材の種類は、合成繊維と天然素材で構成されています。これらの用途に使用される合成繊維は、様々な天然繊維に特殊な化学処理を施し、新たな特性を付与することで製造されます。合成繊維の高強度などの優れた特性から、衣料用だけでなく、医療用や自動車用など、さまざまな用途に広く使用されています。

COVID-19のテクニカルテキスタイル市場に与える影響

COVID-19の発生は、供給地の製造にも影響を与えています。化学産業のサプライチェーンが停滞し、原材料の調達にも多大な影響を与えました。一方、ガウンやマスクなどの医療用品の需要が急増し、テクニカルテキスタイルの需要にプラスの影響を与えました。

テクニカルテキスタイル市場は、COVID-19の期間中に大きな成長を遂げると予想されます。世界中のテクニカルテキスタイルメーカーは、COVID-19のパンデミックに対応し、生産能力の拡大やヘルスケア必需品を製造するため、製造機械への投資を行っています。世界的な感染者数の増加と医療従事者からの需要により、使い捨ての病院用品や不織布素材の需要が高まると予想されます

牽引要因:製品の適応性と認知度の向上

テクニカルテキスタイルの優れた機能や用途に対する認識の高まりが、テクニカルテキスタイルやその関連製品の消費拡大を促しています。従来品とは異なる繊維の高い適応性から、製造業は技術革新のペースを速め、テクニカルテキスタイルの開発に注力しています。この変化は、柔軟性や耐久性を備え、安全性や高強度、軽量などの優れた機能を持つ製品への需要が加速していることに起因しています。

抑制要因:完成品の高コストが中間産業の価格構造に影響

テクニカルテキスタイルの製造工程は複雑で、高コストな高度なインフラを必要とするため、市場参加者にとっての抑制要因となっています。これに加えて、原材料の調達コストが高いため、最終製品の総コストが必然的に上昇し、メーカーは利益率を上げる機会が限られてしまいます。一方、テクニカルテキスタイル製品の価格の高さは、最終製品を顧客に提供する中間産業の価格構造にマイナスの影響を与えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]