一斉通知システムの市場規模、2026年に273億米ドル到達予測

一斉通知システム(マスノーテーションシステム、MNS)の市場規模は、2020年の80億米ドルからCAGR20.5%で成長し、2026年には273億米ドルに達すると予測されています。病院や医療施設でMNSの導入率が高いことや、IPベースの通知装置の導入が進んでいることが、市場の成長を後押ししていると考えられます。しかし、業界全体の規則が不十分であることは、成長を妨げる要因の一つとなっています。

COVID-19がMNS市場に与える影響

MNSソリューションは、組織が適切なメッセージを適切な相手に素早く届けることができるように、様々なグループを指定する機能を提供します。組織はさまざまなシフトのグループを作成することで、誰かがCOVID-19の検査で陽性になった場合、同じシフトで働いていた人だけに警告を発することができます。これにより、当時勤務していなかった人にパニックを起こさせることなく、被曝の可能性について注意を促すことができます。この機能は、特定のエリアに対するグループやゾーンの作成にも応用できます。1つのビル、1つのフロアだけが被爆した場合、同じエリアにいる人だけに警告を発信します。さらに、健康や安全に関する情報や、パンデミックによる新しい手順などを、オンプレミスやモバイルデバイスを介して人々に伝えることで、混乱を最小限に抑えることができます。そのため、多くの組織がMNSを活用して、重要な情報をタイムリーに共有しています。地域の規制が変わると、大量通知の汎用性は単なる警告にとどまらず、ウェルビーイングに影響を与えるイベントの通知にも役立つようになります。

牽引要因:IPベースの通知デバイスの導入

デジタル化の進展に伴い、MNSプロバイダーは、IPベースのデバイスを利用した安全・安心のソリューションを提供するようになっています。教育や医療などの多様なビジネスにおいて、IPベースの通知機器による一斉通知ソリューションの導入・統合が急速に進んでいます。IPベースの通知装置は、既存のIPネットワークを利用して、パーソナルコンピュータ(PC)、モバイルデバイス、電話、巨大音声、拡声装置、または任意のIP対応デバイスを介して、人員や大衆にターゲットを絞った個別の警告を配信します。これらのIPベースの通知デバイスは、ウェブベースの単一の統合コンソールで管理され、オペレーターは、さまざまな通信チャネルの通知プロセスを効果的に管理、追跡、および制御することができます。さらに、IPベースのエンドユーザーデバイスは人々の正確な位置をピンポイントで特定できるため、重要事項を途切れることなく発信し、より迅速な救援・救助活動が可能になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]