PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルムの市場規模、2025年に22億米ドル到達予測

PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルムの市場規模は、2020年の15億米ドルからCAGR 7.0%で成長し、2025年には22億米ドルに達すると予測されています。PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルム業界は、様々な用途からの需要が増加していることで成長しています。この需要は、COVID-19の影響で2020年には減少すると考えられますが、ロックダウン終了後、再び最終用途産業における需要が増加すると予測されます。

COVID-19のPVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルム市場への影響

COVID-19のさらなる拡大を防ぐため、企業は操業や製造施設を停止しています。このため、食品・飲料業界や健康・パーソナルケア業界では、PVDCコートフィルムやアクリルコートフィルムの消費量が減少しています。

牽引要因:食品・飲料の最終用途産業での需要増

食品・飲料業界は、PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルム市場において、最大用途を占める業界です。この需要は、食品・飲料業界の包装、ラベル、その他の用途に幅広く使用されている事によるものです。この需要の増加が、PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルム市場を牽引すると予想されます。

抑制要因:PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルム市場における高い生産コスト

PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルムは、その他のコートフィルムと比較して、製造に高い資本を必要とします。これは、フィルムの製造に伴う複数の工程でのコストによるものです。また、製品の特性として、正しい膜厚にすることが重要です。厚みが変わると機能が低下する可能性があります。製品の厚さや、封止温度の豊富なバリエーションにより、他のコートフィルムに比べて価格が高くなります。

COVID-19後のサプライチェーンの維持とフル稼働の必要性

食品・飲料業界と健康・パーソナルケア業界は、COVID-19のパンデミックにより、直接的な影響を受けました。PVDCコートフィルムやアクリルコートフィルムのメーカーにとって最大の課題は、パンデミック以前の生産能力を回復し、収入減や損害を補うことです。PVDCコートフィルムおよびアクリルコートフィルム業界の今後の課題は、国境を越えて材料を迅速に輸送する、グローバルなサプライチェーンの流れを確保することです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]