三次元測定技術の市場規模、2026年に134億米ドル到達予測

三次元測定技術の市場規模は、2021年の96億米ドルからCAGR 6.8%で成長し、2026年には134億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を牽引している要因は、三次元測定技術に対する研究開発費の増加、商品製造時の品質管理への注力、エレクトロニクス製造サービス企業の生産性向上への要求などが挙げられます。

COVID-19の三次元測定技術市場に与える影響

COVID-19の発生は、三次元測定技術市場に影響を与えています。複数の業界専門家は、このパンデミックは2021年度の第1四半期末までには収束すると考えています。三次元測定技術のバリューチェーンのさまざまな段階(OEM、サプライヤー、エンドユーザー、ディストリビュータを含む)の業界専門家からの情報や、三次元測定技術エコシステムに属するさまざまな企業の2020年の財務リリースを参照した結果を考慮すると、三次元測定技術市場の規模は2019年から2020年にかけて約4.3%の減少が予想されました。

3D自動光学検査(AOI)用の三次元測定技術は、最も高いCAGRで成長

3D自動光学検査(AOI)の三次元測定技術市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。3D AOI検査技術は、ボリューム検査やコプラナリティ検査に有効なツールとして機能します。また、リードチップ、BGA、チップ部品、リフローされたはんだフィレットの高さ情報や、高さに敏感な部品の重要な寸法情報などの詳細を提供します。

自動車産業向けの三次元測定技術市場は、2021年から2026年にかけて最大のシェアを占める

三次元測定技術は、自動車産業において、単一の部品や完成品の設計、製造、自動化された生産ラインの設置などの初期段階で使用されています。品質に関する問題への迅速な対応を可能にするため、品質管理と検査のプロセスは生産に不可欠であり、自動車産業における三次元測定技術システムの需要拡大につながっています。

牽引要因:三次元測定技術に対する研究開発費の増加

新しい計測製品やソリューションの立ち上げや開発に対する世界的な研究開発費の増加は、計測企業にビジネスチャンスをもたらします。 Hexagon、FARO Technologies、Nikon Corp.、Carl ZEISSなどの企業は、過去3年間の年次報告書に見られるように、一貫して三次元測定技術システムの研究開発に費用を投じてきました。これらの企業は、売上高の10%以上を研究開発に費やしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]