vEPCの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測

vEPCの市場規模は、2020年の39億米ドルからCAGR22.8%で成長し、2026年には137億米ドルに達すると予測されています。vEPC市場は、クラウドネイティブでサービスベースのアーキテクチャを採用していることから、人気が高まっています。また、幅広い機能を備えたvEPCは、通信事業者にとって重要な役割を果たしています。vEPCソリューションは、ネットワークインフラのニーズの変化に応じて、通信事業者の期待に効率的に対応します。vEPCモジュールでは、MME、SGW、PDN GW、およびHSSは、1つまたは複数のVMに移行するハードウェアのEPCネットワーク機能であり、これらは汎用サーバやCOTS機器、またはクラウドベースのモデル上でVirtual Network Function (VNF)としてホストされます。世界中の通信事業者がvEPCソリューションを幅広く採用していることから、vEPC市場の成長が期待されています。

COVID-19のパンデミックは、個人や企業を含む社会のあらゆるセグメントに影響を与えました。この間、各国のデジタルインフラをサポートするために、電気通信部門は世界中で重要な役割を果たしています。連邦政府、州政府、中央政府、地方政府、地方自治体など、すべての個人や政府が社会の中で互いに連絡を取り合い、COVID-19に関する情報をリアルタイムに提供し、入手しています。現在、医療、通信、メディア・娯楽、公共事業、政府機関が、状態を安定させ、各個人に必要なサービスを提供するために努力しています。

COVID-19は大企業や中小企業にも大きな影響を与えています。製造業、自動車、繊維、輸送・物流、旅行・接客、消費財などの基幹産業が、世界各地で国レベルのロックダウンにより閉鎖されています。これは、GDPの減少という点で、世界経済に大きな影響を与えます。古くから、経済のバックボーンとして機能している中小企業は、COVID-19のパンデミックにより最も大きな影響を受けています。

牽引要因:モバイルネットワークのデータトラフィックの増加

Ericsson Mobility report 2020によると、モバイルデータトラフィックの総量は、2020年末までに51 EB/月に達し、2026年までに226EB/月に達すると予測されています。現在、動画トラフィックはモバイルデータトラフィック全体の66%を占めています。トラフィックの増加は、スマートフォンの契約数の増加と、契約1件あたりの平均データ量の増加によるものです。インドは、スマートフォン1台あたりの月間使用量が15.7GBと最も多い地域です。COVID-19パンデミックの状況下では、ロックダウンや移動の制限など様々な制約があったため、トラフィックパターンが変化しました。例えば、インドでは、COVID-19が最も流行していた時期に、4Gの急速な普及と在宅勤務者の増加により、スマートフォン1台あたりの月間平均モバイルデータ使用量が大幅に増加しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]