デジタルアイソレーターの市場規模、2026年に24億米ドル到達予測

デジタルアイソレーターの市場規模は、2020年の16億米ドルからCAGR8.0%で成長し、2026年には24億米ドルに達すると予測されています。デジタルアイソレーターがオプトカプラの代替として採用されていること、ノイズの少ない電子・電気回路の需要が急増していること、世界中で再生可能エネルギーの使用が増えていること、ゲートドライバーとしてのデジタルアイソレーターの使用が増加していること、産業用モータードライブアプリケーションへのデジタルアイソレーターの導入が急増していること、デジタル技術によって医療機関がCOVID-19の普及状況を把握できるようになったことなどが、市場の成長を促進する主な要因となっています。

牽引要因:ノイズのない電子・電気回路の需要急増

グランドループは、電子・電気回路の動作を妨げる不要なノイズの原因となります。グランドループは、回路内の2つの接続された端子が異なる接地電位にある場合に形成されます。この電位差により、配線に電流が流れ、結果としてオフセットエラーが発生します。デジタルアイソレーターは、すべての回路のグランド電位を同じにし、グランドループを解消することを可能にします。アナログ信号の伝送に影響を与えることなく、異なるグランド電位間のガルバニックパスを遮断し、ループを解消します。また、これらのデバイスは、AC導通に起因する電気ノイズを除去します。グランド電位の違いによって発生する不要な伝導ノイズは、回路の損傷だけでなく、ユーザーの感電にもつながります。そのため、ユーザーの安全と電子機器の正常な動作のためには、グラウンドループを解消することが重要です。また、医療や航空宇宙・防衛などの繊細な最終用途産業におけるグラウンドループノイズは、致命的なものとなります。そのため、電子機器の不要なノイズの原因となるグラウンドループを解消する必要性が高まっています。これにより、今後数年間、デジタルアイソレーターの需要が高まると予想されます。この要因は、デジタルアイソレーター市場全体の成長に中程度の影響を与えると予想されます。

抑制要因:デジタルアイソレーターは変調器なしの低周波信号伝送ができない

デジタルアイソレーターは、一般的に高周波信号の伝送に使用されます。低周波信号を伝送する場合には変調器が必要となります。そのため、様々な用途にデジタルアイソレーターを使用することができません。静電容量型・磁気型のデジタルアイソレーターは、高周波信号を直接伝送することができます。しかし、周波数が0 Kbpsから100Kbpsの場合、絶縁層を通過できないため、変調器を併用することになる。この事で、デジタルアイソレーターに使用される部品のコストが上昇し、市場の成長が抑制される可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]