免疫蛍光アッセイの市場規模、2026年に35億米ドル達成予測

免疫蛍光アッセイの市場規模は、2021年の26億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2026年には35億米ドルに達すると予測されています。これは、慢性疾患の増加と研究開発費および医療費の増加が主な要因となります。今後、免疫蛍光アッセイ市場で活動するプレイヤーに成長機会が増加する事が期待されます。一方、抗体の品質に関する懸念がこの市場の大きな課題となっています。

Covid -19の免疫蛍光アッセイ市場への影響

COVID-19パンデミックが、多くの国の医療サービスに支障をきたしています。最も影響を受けているのは、米国、ロシア、スペイン、イタリア、英国、インド、ドイツ、イランです。免疫蛍光アッセイは、COVID-19を含むウイルス抗原の検出に広く使用されています。パンデミックの影響で、世界各地で免疫蛍光アッセイ製品の需要が高まっています。免疫蛍光アッセイは、ウイルス感染の影響とダイナミクスを視覚化することができる迅速かつシンプルな方法です。この方法が、COVID-19病原体の予防と治療のための重要なツールとなっています。

牽引要因:慢性疾患の発生率の増加

過去数十年の間に、慢性疾患の有病率は大きく増加しています。WHOによると、2020年までに、慢性疾患は全死亡者数の73%、疾病負荷の60%を占めると推定されています。糖尿病、がん、感染症、神経疾患、自己免疫疾患、心血管疾患、肺疾患、重症急性膵炎、腎不全などが世界の主要な慢性疾患です。米国がん研究所によると、2018年に世界で報告されたがん患者数は1810万人と推定されていますが、2040年には2950万人に増加すると予測されています。

抑制要因:高い機器コスト

免疫蛍光アッセイでは、サンプル中の蛍光標識された抗体を可視化し、位置を特定するためにイメージング機器が使用されます。これらのイメージング機器は、高度な機能を備えているため高額です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]