医療教育の市場規模、2025年に1252億米ドル到達予測

医療教育の市場規模は、2020年の836億米ドルからCAGR8.4%で成長し、2025年には1252億米ドルに達すると予測されています。市場の成長要因は、ヘルスケア業界における技術の進歩、オンライン教育・eラーニング分野の急成長、CME(継続的医学教育)プログラムに関連する厳しい規制義務の存在です。一方、対面でのコミュニケーションの欠如や信頼性の低いインフラが市場成長の妨げとなっています。

COVID-19の医療教育ソリューション市場への影響

COVID-19パンデミックにより、各国政府はソーシャルディスタンスの確保やロックダウンを実施し、人々は通常のライフスタイルを変更せざるを得ない状況に陥りました。また、パンデミックは教育のあり方を変え、教育機関はオンラインで授業を行うことを余儀なくされました。企業も急遽、在宅勤務へのシフト選択し、多くのイベント、ワークショップ、会議が延期または中止になりました。その結果、デジタルカンファレンス、ウェビナー、メディカルブログ、ソーシャルメディアなどの電子教育(E-education)プラットフォームの導入が進みました。オンライン学習サービスプロバイダーによると、新規登録者数の急増が報告されており、この傾向は2021年末まで続くと予想されています。

牽引要因:デジタル学習の導入の増加

従来の医療トレーニングの方法には、トレーニングセンターの設置・維持にかかる高コストや、治療法や医療技術の変化への対応が困難であることなど、いくつかの欠点があります。一方、オンライン教育ソリューションは、学習プロセスを管理・構築して、学習能力を高めるための機能を追加することができます。これらの利点は、継続的な教育を必要とする医療従事者には有用です。継続的医学教育ソリューションは、めまぐるしく変化する技術に対応し、最新の情報を求める医師や専門家に広く受け入れられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]