機密データ検出の市場規模、2026年に124億米ドル到達見込み

機密データ検出の市場規模は、2020年の51億米ドルからCAGR16.1%で成長し、2026年には124億米ドルに達すると予測されています。機密性の高い構造化データや非構造化データを発見する必要性の高まり、規制の進化に伴うデータプライバシーへの投資の増加、リモートワーカーの増加とリアルタイムでのデータアクセスなど、さまざまな要因が機密データ発見のソリューションやサービスの採用を促進すると考えられます。

COVID-19の機密データ検出市場への影響

機密データ検出のソリューションやサービスを提供する企業は、短いスパンではその成長が微減すると予想されます。しかし、ワクチン開発への注力、在宅勤務制度の導入、e ヘルスなどにより、構造化データや非構造化データが爆発的に増加しており、これらのデータを発見し、効率的に管理してインサイトを得る必要があります。この市場は、2020年にわずかな減速が見られ、その後、プラスの成長を遂げると考えられます。COVID-19が世界的に普及したことで、プライバシー、データ保護、セキュリティ、コンプライアンスに関する問題が数多く発生しています。これらの課題により、企業や組織は、機密データの発見ソリューションの安全性だけでなく、戦略的なビジネス上の意思決定のためのデータ分析をする必要性が高まっています。

牽引要因:機密性の高い構造化データや非構造化データの発見に対するニーズの高まり

保護されたIT環境に存在する構造化データとは異なり、機密性の高いコンテンツは、オフィス文書、ファイル、画像などの非構造化形式で存在し、ファイル共有、ソーシャルメディア、電子メールなどを通じて配布・公開されます。様々な業種の企業が、ビジネスの成長や競争力の強化のために、データを収集し、意味のある分析を行うことの重要性を認識しています。毎日、膨大な量のデータがさまざまなソースから生成されています。すべての組織は、IoTデバイス、センサー、地理空間デバイスの使用により、膨大な量のデータを生成しています。さらに、構造化データや非構造化データを、エンドユーザーが検証・理解できるような特定のフォーマットに統一し、日々のタスクの達成に役立てることで、インサイトを生成しています。機密データの発見は、効果的なデータセキュリティ計画の作成と維持に役立つ不可欠な要素です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]