ポリッシュコンクリートの市場規模、2025年に30億米ドル到達予測

ポリッシュコンクリートの市場規模は、2020年の22億米ドルからCAGR 5.6%で成長し、2025年には30億米ドルに達すると予測されています。ポリッシュコンクリート市場は、住宅や商業施設の建設における需要の増加により、今後大きな成長が見込まれています。新築住宅や商業施設の建設が増え、耐久性に優れたメンテナンスの楽な床材の需要が増加していることが、市場の成長を支えています。

COVID-19がポリッシュコンクリート市場に与える影響

ポリッシュコンクリート市場は、2020年から2021年にかけて、COVID-19パンデミックの多大な影響を受けています。原材料の生産量の低下、サプライチェーンの混乱、貿易の停止、建設需要の減少、新規プロジェクトの減少などにより、ポリッシュコンクリート市場の成長は制限されています。

牽引要因:床材としてのポリッシュドコンクリートの需要増加

ポリッシュコンクリートの需要は、特にホテルの床やその他の商業施設で多く見られ、需要の増加の主な要因となっています。これは、床の美観を損なうことがなく、人の往来が激しい場所でも滑りにくく、耐摩耗性に優れているなど、ポリッシュコンクリートの利点によるものです。アジア太平洋地域と中東・アフリカ地域では、需要の大幅な増加が見込まれています。これらの発展途上国では、住宅開発への投資が盛んで、工業化が急速に進んでいるため、ポリッシュコンクリートの需要が高まると予想されています。

抑制要因:原材料価格の変動

ポリッシュコンクリートの原材料やエネルギーは、価格が変動しやすく、この傾向は予測期間中も続くと考えられます。石油や原油のコストが不安定になると、原材料の価格が上昇し、ポリッシュコンクリートに使用されるセメント、接着剤、シーラントのコストが上昇する可能性があります。これらの材料価格は、ポリッシュコンクリートのコストに直接影響を与えます。原材料のコスト上昇により、ベンダーが製品価格を上げることで、市場の成長に悪影響を及ぼすことになります。

市場機会:世界的な改築・改装の増加

住宅以外の空間でのリフォームや改修作業の増加は、ポリッシュコンクリートの需要を加速させるでしょう。ホテルやリゾートのオーナーは、宿泊体験の向上のために、店舗の構造のリフォームに取り組んでいます。小売業や住宅建設における業界プレーヤーの投資の増加は、ポリッシュドコンクリートの採用をさらに促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]