クラウドTVの市場規模、2026年に42億米ドル到達予測

クラウドTVの市場規模は、2020年の12億米ドルからCAGR21.9%で成長し、2026年には42億米ドルに達すると予測されています。クラウドTVプラットフォームは、オーディオ、ビデオ、リッチメディア、その他のメディアコンテンツをインターネット上で配信するために使用されます。クラウドTVは、インターネット上のワイヤレス接続を介して、スマートフォン、タブレット、コネクテッドTVなどのエンドユーザーのハンドヘルドデバイスに配信されます。ライブTV、ビデオオンデマンド、ウェブサーフィンなどの機能を提供します。

COVID-19がクラウドTV市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、すべての消費者のライフスタイルや日常生活に多大な影響を与えています。在宅勤務の義務化とソーシャルディスタンスの確保が、家庭内でのビデオ消費をかつてないレベルに押し上げています。また、消費者は新しい技術を学んだり、インターネット上の多くのコンテンツを利用して楽しんだりしています。OTTプラットフォーム、YouTubeなどの動画ホスティングサイト、ウェビナーや社内会議を開催するためのビデオ会議ツールやソフトウェアなど、COVID-19の流行は家庭内での映像消費を加速し、人々の生活を大きく変えました。スマートフォン、コネクティッドTV、タブレットなどのデバイスがエンターテインメント体験を向上させる一方で、ビデオアプリの継続的な普及、デバイス間の相互運用性や接続性の向上により、クラウドTVはさらに高いレベルに達しました。このパンデミック影響下で、多くのユーザーがSVODを選択しました。例えば、Netflixは、コロナウイルスのパンデミックの中、人々が家に閉じこもることを余儀なくされたため、2020年の最初の3カ月間で、有料会員数が1580万人に達しました。これは予測の2倍に値します。ライムライト・ネットワーク社によると、オンラインビデオは、従来の放送視聴の落ち込みと反比例して、急速に人気を高め続けています。視聴者は、1週間に平均7時間55分近く、さまざまな種類のコンテンツを視聴しています。

牽引要因:オンデマンドやインタラクティブな視聴に対する高いユーザーエクスペリエンスの要求

技術の進歩と消費者行動の変化により、ビデオコンテンツの配信方法が変化しています。この変化には、従来の放送モデルやプラットフォームから、インターネットを介してさまざまな接続デバイスに配信するデジタル配信への移行が含まれます。視聴者は、ネットワークの予定されたラインナップを見たり、ライブイベントを楽しんだり、お気に入りのコンテンツを録画して好きな時に好きなデバイスで見たり、より多くの選択肢、利便性、およびコントロールを求めています。そのためには、従来の放送よりもはるかに多くのコンピューティングパワーとリソースが必要です。多くの通信事業者や放送局は、クラウドTVプラットフォームを活用して、視聴者に様々な視聴方法を提供したり、個別にコンテンツを提案するようになりました。視聴者によるコンテンツ選択を可能にするためにも、クラウドTVの需要が高まる事が予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]