サプライチェーン管理 (SCM)の市場規模、2026年に417億米ドル到達予測

サプライチェーン管理 (SCM)の市場規模は、2020年の232億米ドルからCAGR10.3%で成長し、2026年には417億米ドルに達すると予測されています。SCM市場の成長は、サプライチェーンデータとプロセスの可視性および透明性への要求、Eコマースの高成長、中小企業におけるクラウド型SCMの導入拡大、潜在的障害への備えなどに起因しています。さらに、AI機能とSCM製品の統合は、サプライチェーン業界に進化をもたらし、SCMベンダーに有利な市場機会をもたらします。

COVID 19のSCM市場に対する影響

COVID-19の発生によるロックダウンは、経済を停止させ、北米のサプライチェーンに多大な影響を与えています。様々な産業が、通常製品の製造から、必要不可欠な医療用品やPPEキットなどの製造にシフトしています。COVID-19は、多くの企業や業界全体に、グローバルなサプライチェーンモデルの再考と変革を迫りました。例えば、アジアでは、パンデミック後、サプライチェーンの多様化を図るとともに、現地での生産に再注目するようになりました。また、電子商取引の需要が高まり、AIや機械学習(ML)などの技術がビジネスのイノベーションを推進しています。このことが中小企業におけるクラウドベースのSCMソリューションの採用をさらに後押ししています。

牽引要因:サプライチェーンデータとプロセスの可視性と透明性の向上

従来、可視性と透明性の欠如は、サプライチェーンの目標を達成する上で最大の障害となっていました。これは、さまざまなプロセス、ソース、システムに散在する膨大な量のデータを保持できないことが主な原因です。このような状況下では、成功に必要な知識、データ、能力を身につけさせることができません。機械学習、AI、IoTなどのテクノロジーを利用してサプライチェーンの透明性を向上させることで、バックオフィスのリーダーは、プロダクトエクセレンスを推進し、市場投入までの時間を短縮し、新製品やサービスの開発を進めることができます。

抑制要因:企業におけるセキュリティとプライバシーへの懸念の高まり

クラウドベースのSCMを採用する企業は、セキュリティとプライバシーの問題に直面しています。企業は機密データを保有しており、データの漏洩や盗難は企業全体の評判に影響を与える可能性があります。また、データがインターネット上に流出し、権限のないユーザーがアクセスする可能性を憂慮しています。無許可のユーザーによるデータへのアクセスなどの問題は、企業のデータセキュリティや競争力のあるビジネスポジションをも脅かす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]