グローライトの市場規模、2026年に49億米ドル到達予測

グローライトの市場規模は、2021年の12億米ドルからCAGR32.2%で成長し、2026年には49億米ドルに達すると予測されています。グローライト市場の成長を促す主な要因としては、固体照明技術や環境制御型農業(CEA)の導入に対する政府の支援、垂直型農場や温室に関連するプロジェクトへの投資の増加、世界各国での大麻栽培の合法化の進行、都市部の屋内農業の導入などが挙げられます。

COVID-19のグローライト市場への影響

照明器具市場には、Signify Holding(オランダ)、OSRAM(ドイツ)、Gavita(オランダ)、Valoya(フィンランド)、California Lightworks(米国)、Heliospectra AB(スウェーデン)、LumiGrow Inc. 米国)、Hortilux Schréder(オランダ)、Eye Hortilux(米国)、ILUMINAR Lighting(米国)、GE Current, A Daintree Company(米国)、PARsource(米国)、GE Lighting, A Savant Company(米国)、Hubbell(米国)、Agrolux(オランダ)などがあります。これらの企業は、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他地域の様々な国に製造施設やオフィスを持っています。これらの企業が製造する照明器具は、複数のステークホルダーによって購入されています。COVID-19は、様々な照明器具メーカーの経営に影響を与えただけでなく、そのサプライヤーや流通業者のビジネスにも影響を与えました。また、COVID-19以前と比較して、輸出出荷量の減少や国内需要の低迷は、短期的にはグローライトの需要にマイナスの影響を与え、やや停滞させると予想されます。この市場で事業を展開している主要企業は、パンデミックの影響を受けて、2020年前半の照明器具の受注量が減少しています。

牽引要因: LED照明のエネルギー効率の良さと長寿命

LED照明は、エネルギー効率、寿命、汎用性、色品質の点で従来の照明技術を凌駕しており、垂直型農場、屋内農場、温室などの用途に広く使用されています。グローライトは、室内で複数の植物を育てるために使用されます。グローライトのスペクトルは、植物の要求に応じて変更することができます。植物の成長と発達は、さまざまな種類のライトを使用することに利点があります。園芸家は、屋外や屋内で使用する光源として高輝度放電(HID)ランプを好みます。これらのランプは、市場で簡単に入手でき、価格も手頃で、植物の成長に必要な光量を提供することができます。また、植物の成長に必要な光を得るために、HPS(High Pressure Sodium)ランプなどのHIDランプとMH(Metal-Halide)ランプを組み合わせることも行われています。しかし、これらのランプは電力消費量が高く、発熱します。そのため、生産者は栽培ユニットの温度を維持するために冷却システムを追加しなければならず、エネルギーコストがさらに増加します。これらの要因により、エネルギー効率が高く、寿命の長い園芸用照明の需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]