フォトニクスの市場規模、2025年に8378億米ドル到達予測

フォトニクスの市場規模は、2020年の5937億米ドルからCAGR 7.1%で成長し、2025年には8378億米ドルに達すると予測されています。医療分野、情報通信分野、産業製造分野におけるフォトニクス対応製品のアプリケーションの増加が、フォトニクス市場の主な推進要因となっています。

COVID-19のフォトニクス市場への影響

パンデミックの影響で、ウイルスの消毒に使用されるフォトニクスUV-C Ledライトの需要が増加しました。しかし、パンデミックは、サプライチェーンの混乱、封じ込めの制限、社会的な距離を置く規範などにより、様々なエンドユース産業に悪影響を及ぼしました。今後、各国の5G展開が遅れる可能性があり、中国など生産国も影響を受けたことで、光ファイバー価格が上昇する可能性があります。

製品別では、LEDセグメントが最大シェア

製品別では、LEDセグメントが最大のシェアを占めています。LED製品は、エネルギー効率が高く、手頃な価格で入手できることから、照明やディスプレイ用途での使用が増加しており、需要を牽引しています。また、2019年のLED製品セグメントでは、APAC(アジア太平洋地域)が最大シェアを占めています。省エネルギー対策により、一般照明、自動車、バックライトなどの用途で需要が急増しています。

用途別では、情報通信技術が最大シェア

用途別に、市場は、ディスプレイ、情報通信技術、太陽光発電、医療技術・生命科学(バイオフォトニクス)、計測・自動化ビジョン、照明、生産技術の7つに分類されます。中でも、情報通信技術用途では、データの生成、変換、送信と保存などに利用されます。フォトニクスの部品としては、データ変換用デバイス、アンプシステム、光変調システム(変調器、スイッチ、ルーター)、光ファイバケーブルなどがあります。

牽引要因:エネルギー効率の高い製品の必要性

フォトニクスが提供する長期的な利益による採用が世界的に増加しています。フォトニクス対応製品は、他の製品と比較して、高いエネルギー効率、製品の長寿命化、優れた精度、高速動作などの利点があります。消費者は、従来の製品からフォトニクス対応製品に切り替える傾向にあります。

抑制要因:フォトニクス製品に添加される化学物質に対する厳しい規制

フォトニクス製品は一般的に環境に優しいものですが、製品に添加される化学物質の中には、環境に有害なものもあります。酸化ヒ素や酸化ホウ素などの化学物質は有毒であると考えられており、REACHやRoHSなどの規制機関によってその使用が制限されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]