量子コンピューティングの市場規模、2026年に17億6500万米ドル到達予想 最適化されたコストでスピーディーな業務を実行

量子コンピューティングの市場規模は、2021年の4億7200万米ドルからCAGR30.2%で成長し、2026年には17億6500万米ドルに達すると予想されています。銀行・金融部門での量子コンピューティングの早期導入が、市場の成長を後押しすると予想されています。量子コンピューティング市場成長に貢献しているその他の要因は、各国政府による量子コンピューティング技術に関連した研究開発活動への投資が挙げられます。企業は、COVID-19後のQCaaSの採用に力を入れています。この事が、量子コンピューティング市場の成長に貢献すると期待されています。一方で、安定性やエラー訂正の問題が市場の成長を抑制すると予想されています。

牽引要因:銀行・金融業界における量子コンピューティングの早期導入

量子コンピューティングは、貿易、金融取引、データ処理のマニフォールドの高速化に焦点を当てた銀行・金融サービス業界での牽引役となっています。量子コンピューティングの重要な潜在的なアプリケーションは、シミュレーションです。量子コンピューティングは、金融リスクを管理するための効率的な方法の特定に役立ちます。古典的なコンピュータが金融機関で使用されている場合、高品質なソリューションの処理時間とコストは指数関数的に増加する可能性がありますが、量子コンピュータは最適化されたコストでスピーディーな業務を実行することができ、コスト削減と収益生成のための新たな機会を得ることができます。

量子コンピューティング技術への投資が増加

宇宙・防衛分野に関連する各国の政府機関は、量子コンピュータを用いて様々な最適化やシミュレーション戦略を実現するために、技術の開発に一層の投資を行っています。世界各国の政府は、量子コンピューティング技術の開発のための研究機関を支援するために多額の投資を行っています。中国でも、量子コンピューティング技術に関連した研究開発活動に多額の投資を行っています。米国やオーストラリア、欧州連合(EU)諸国の政府も、量子コンピューティングの取り組みを急速に進めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]